DSC00508

【天気:晴れ】 【最高気温:21℃】 【最低気温:8℃】

皆様こんにちは。

本日も主役はマッターホルン。

マッターホルンを見たいということでこの旅行をご計画くださったお客様。

この夏、すっきりしない日も多かったのですが、今日もしっかり見ることができました。

 

まずはゴルナーグラート登山鉄道に乗り、ツェルマットの街を出発。

DSC00443

途中割愛しまして、ゴルナーグラート到着。

早くてすみません…笑。通常登り34分かかります。

駅舎には最近新しいものに取り換えられたばかりの看板があり、駅名と標高を教えてくれます。

DSC00449

苦労せずに絶景を楽しみながら3,089メートル。

ここからは、テレビで放映されたこともあり、最近ご存知のお客様も多いモンテローザヒュッテも、小さいですが肉眼で確認できます。

DSC004541

展望台観光したのちは…、

DSC00461

ハイキングスタートです!

DSC00483

 

今日は、ゴルナーグラート~リッフェルベルク間を歩くことにしました。

出だしは岩の多いエリアの為、ルート案内も岩につけられています。

DSC00487

 

後ろからマウンテンバイクに乗った女性グループが来たので、見送ります。

DSC00497

5名中、2名上手な方がいらっしゃり、岩場・ガレ場を果敢に下りていかれました。

残りの3名は、私には無理だとマウンテンバイクから降りて危なそうな箇所は押してらっしゃいました。

こんな場所なので安全第一でしょう。

このルートの魅力は、もちろんマッターホルンに向かって歩けることもありますが、

列車好きの方にはシャッターチャンスが何度か訪れます。まず一回目。

DSC00502

先に行かれたマウンテンバイク5人組も記念に撮影しました。

DSC00503

 

お客様も再び撮影。少しでも想い出になりますように!

1814

 

少し歩いてまた列車が来ました。

2回目。

DSC00507

DSC00508

さらに3回目。

DSC00510

列車に向けてシャッターを切る時は、

タイミングを計る必要があるのでドキドキして楽しいものですね。

 

ローテンボーデン近くのリッフェルホルンとリッフェルゼーが見えてきました。

DSC00512

マッターホルンの角が湖面に映っていることが既に確認できます。逆さへの期待が高まります。

 

YES !!!!

DSC00516

見事に湖面に映り込む、優美なマッターホルン。

別の方向も綺麗に映り込んでいます。

DSC00521

 

自然は時に恐ろしく、時にため息が出るほど美しい(ポエム)。

ピークシーズンにはごった返す人気ルートも、今は静かです。

人をよけずともゆっくり写真が撮れます。

逆さを捨てて、ワタスゲと撮影しても綺麗です。

DSC00522

やはり9月にお越しいただくメリットも十分にございます!

 

さらにウンターリッフェルゼー。

DSC00530

お客様もあまりの綺麗さに感動。たくさんお写真をお撮りいただきました。

 

ハイキングは終盤へ、ゴールのリッフェルベルクを目指します。

DSC00533

雄大なアルプスは大きすぎて、写真に納まりきらないのが残念なところ。

DSC00536

なのでしっかり体感して、記憶に留めましょう!

最後は、こちらの山岳ホテルのレストランでお食事です。

DSC00545

私はここでお別れとなりましたが、気持ちの良い秋風に吹かれながら、マッターホルン眺望のお食事、美味しくお召し上がりいただけたことと存じます。

DSC00546

どうもありがとうございました。

それでは、本日の一枚!

DSC00543

マッターホルンをバックにお疲れ様でした!

また是非ツェルマットに遊びにいらしてくださいね。

 

手嶋 えりこ

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

 

最高気温 19℃

最低気温 12℃

天気 晴れ時々曇り

 

こんにちは!!本日は少し雲が多めのグリンデルワルト

フィルストよりバッハアルプゼーへ向かいます

 

P9171203

 

まずはフィルストに到着!

展望台から景色を楽しみます

 

アイガーのナイフリッジが綺麗に見えていますね

 

P9171253

 

いい笑顔です

お花がとってもお好きなご夫婦

是非次回は7月のお花がたくさん咲いている時期にもいらしてみてくださいね!

 

P9171216

 

バッハアルプゼーまではゆっくり歩いてフィルストから約1時間ほど

でも、意外にアップダウンがあって大変なんです笑!

 

休憩をはさみながらゆっくり歩きます

 

P9171207

 

旦那様の帽子が、合理的な造りになっていてなかなか素敵です!!

Japanese style!と、すれ違う人に言われたこともあるんだとか

 

P9171222

 

アップダウンを繰り返しながら、バッハアルプゼーに到着です

 

所々山に雲がかかっているところもありますが、これがまた素敵です

 

先ほどまで雲に隠れていたシュレックホルンも少しづつ姿を現し始めました

 

P9171225

 

本日の主役は、アイガーでもベッターホルンでもなく、間違いなくシュレックホルンですね!!

かっこいい山です

 

P9171231

 

本日は風が結構あったので、逆さシュレックホルンは映らずでしたが、その周辺の山が見え隠れしてなかなか雰囲気がありました!

 

P9171245

 

バッハアルプゼーで一休憩した後は、同じ道を通ってフィルストへと戻ります

 

P9171242

 

フィルストへの帰りに綺麗に見えたシュレックホルン

4078mあります

 

P9171255

 

フィルストに戻ってきた後は、クリフウォークに挑戦です

高度感あるように見えますが、実際歩いてみるとそんなことないんじゃないかと思います

 

是非一度お試しください!

 

P9171258

 

こんな感じです

 

P9171270

 

写真で見ると高度感ありますよね~!

 

P9171273

 

フィルストに戻ってきたときには、お昼時でしたのでレストランでランチです

こちらのレストランは、スイスの料理やサラダ、ハンバーガーなどバランスよく何でもそろっているので、フィルストに行ったときには是非こちらでランチをしてみてください!!

 

絶景を見ながらお食事していただけますよ!

 

 

本日もお楽しみ頂けましたでしょうか!?

 

それではまた!

 

刑部みすず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット☆秋晴れ湖巡り

DSC00351

【天気:快晴】 【最高気温:20℃】 【最低気温:8℃】

 
 

 久々に天候が安定してきたツェルマットより、お届けいたします。

本日はスネガエリアのブラウヘルドをスタートし、3つの湖巡りをしました。

まずは朝一のマッターホルン。快晴です。

DSC00311

 

ツェルマット~スネガはケーブルカーで登ります。

乗車時間 約10分で到着、アクセスの良いスネガですが、

マッターホルンをこのように綺麗に眺めることができます。

DSC00316

既に贅沢な景色。

ここからさらにゴンドラで上がり、本日のハイキングスタート地点ブラウヘルドへ。

DSC00325

この周りは常に工事していますね。

歩き初めにまず一枚!

DSC00327

秋晴れの気持ちの良い空、マッターホルンもくっきり。最高です。

 

DSC00333

マッターホルン以外にもぜひ目を向けてみてください。

こんな景色ひとつにしても日本の雰囲気とは少し異なりますね。

 

3つの湖巡り、まずは1つ目の湖へ。

お客様には、まだ振り返らないでください~とタメを作っておき…

 

じゃじゃーん!

DSC00342

おおー!!な絶景です。

こちらの湖の名前はステリーゼーです。

 

オーバーガーベルホルンとヴェレンクッペも、見逃しがちですが湖に移る位置にあります。

DSC00358

 

ステリーゼーを満喫したのち、次の湖を目指します。

逆さが無くても十分綺麗なマッターホルンと大自然。

DSC00353

 

DSC00361

このルートは歩きやすい道が多いので、山道に慣れない方でも少し長く歩くことさえできれば大丈夫です。

なかなかお客様のみでは撮影し辛い、ハイキング中のお姿も含めてお撮りいたします!

DSC00364

 

 

ここから、木々の中に潜む2つ目の湖、グリンジゼーへ。

DSC00378

こちらは、1つ目の湖よりは風の影響を受けにくいため、

運が良い日はステリーゼーよりもさらに湖面が鏡のように映ります。

 

秋の気配が漂うグリンジゼー。

グリンジゼー秋

絵葉書のような景色です。

お客様も一緒に撮影。

DSC00390

もちろん合成・加工一切しておりません。綺麗に映っています。

 

ふと振り返ると、小さなベンケイソウが残っていました。

DSC00398

開花すると意外にも可愛い、高山植物のひとつです。

 

グリンジゼーに別れを告げ、最後の湖を目指します。

途中、大きな岩を持ち上げて…

DSC00404

笑。

 

3つ目の湖、グリュンゼーへ。

DSC00414

湖の緑がとても綺麗です。

DSC00415

DSC00416

秋色秋晴れのツェルマット。

この時期は、青、緑、赤、黄、茶、など様々な自然の色彩美をお楽しみいただけ、

人も少ないのでお勧めです。

DSC00420

湖に別れを告げたあとは、

DSC00424

ツェルマットマラソンのルート看板などを見ながら、

DSC00427

小休憩をしにレストランへ!

DSC00431

水分・糖分を補給しました。

DSC00428

スイスのケーキは甘さ控えめで、日本のお客様のお口にも合うようです。絶品。

休憩のあとは、あと一息。

DSC00432

岩場を抜けて…

DSC00436

マッターホルン再び!

お天気に恵まれたので、絶景をご満喫いただけたことと存じます。

どうもお疲れ様でした!

DSC00438

 

おまけ

本日の高山植物

DSC00399 DSC00400

明日のハイキングもお楽しみに…☆゜*

 

手嶋 エリコ

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆マウンテンビュートレイルへ

 

最高気温 22℃

最低気温 14℃

天気 晴れ

 

 

こんにちは! 本日も快晴のグリンデルワルト

今日はミューレンに向かいます

 

P9161137

 

新婚旅行でお越しのA様と一緒にミューレンへ向かいます

ミューレンまでは電車、ロープウェイなどを乗り継いで約1時間ほど

 

P9161140

 

こちらがミューレンの駅の様子

この旗は左が、ミューレンの村の旗。右はベルン州の旗ですね

 

P9161144

 

ミューレンの町はとてもこじんまりとしていて、10分もあれば歩いて回って頂けます

 

町にある水飲み場で、一休憩

 

P9161148

 

私達はミューレンの町の中間くらいにある、アルメントフーベルから展望台に上がり、そこからマウンテンビュートレイルを歩きます

P9161151

 

展望台から少し歩いたところに、こんなカール状になっているところが!!

 

緑が目に優しいですね

 

P9161158

 

マウンテンビュートレイルは、アルメントフーベル展望台より約3時間ほど

少しアップダウンを繰り返しながら歩きます

 

P9161164

 

ユングフラウ3山を見ながら歩くことの出来る絶好のトレイルの一つ

 

P9161165

 

こちらはヴェンゲンの町です

昨日はこの谷の向こう側から、今いるミューレンの方を眺めていたんですね~!!

P9161169

 

どこを撮っても絵になる景色です

 

P9161181

 

仲良しですね!!

P9161188

 

昨日もそうでしたが、ここ数日でぐっと秋めいてきましたね

ブルーベリーの葉が赤く色づき、少しづつ紅葉を始めています

P9161191

 

私達がグリュッチアルプの駅に着くころには、ユングフラウ3山の頂上には雲がかかり、山頂は雲の中になりました

P9161197

 

ちょうどお昼時ですので、グリュッチアルプの駅でランチをとりました

こちらのレストランは、スープやサンドイッチなどの軽食を取り扱っていますよ

 

ユングフラウ3山を見ながら休憩したい方は、ミューレンの帰り道に寄ってみるのも良いかもしれません

P9161198

 

2日間、楽しんでいただけましたでしょうか!?

 

新婚旅行という記念すべき旅行中に、ガイドさせて頂きありがとうございました!!

 

是非またスイスにお越しくださいね!

お待ちしております

お幸せに~!!

 

美鈴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット☆コンディションレポート

夕暮れ1

2019年9月16日

天気:晴れ

最高気温:23℃ 最低気温:8℃

日の出時刻:07時07 分 / 日の入時刻:19時39分

報告者:手嶋 絵里子

 

<ゴルナーグラートエリア>

□上り   6/27 – 9/22:     始発07:00発 – 最終19:24発

9/22 – 9/29:       始発 07:00発 – 最終18:24発

※8時以降は、約24分間隔で運行。所要約33分。

□下り   6/27 – 9/22:     始発07:35発 – 最終20:07発

9/22 – 9/29:     始発 07:35発 – 最終19:18発

※8時43分以降は、約24分間隔で運行。所要約44分。

 

本日現在、全てのルートでハイキング可能です。

 

<スネガエリア>

□ツェルマット-スネガケーブル

08:30-17:20 10-20分間隔で運行。(9/09-10/13)

 

□スネガ-ブラウへルド

08:40-16:30 (9/09-9/29) ※9/29以降はクローズ予定

 

□ブラウへルド-ロートホルン

この夏は運休です。

 

本日現在、ブラウヘルドからの全てのルートでハイキング可能です。

 

<クラインマッターホルンエリア>

□ツェルマット-フーリー

08:30-16:50  (8/19-10/13)

 

□フーリー-シュバルツゼー

08:40-16:30  (8/19-10/6) ※10/6以降はクローズ予定

 

□フーリー-リッフェルベルク

この夏の営業は終了しました。

 

□シュバルツゼー-トロッケナーシュテック

この夏の営業は終了しました。

 

□フーリー-トロッケナーシュテック

08:50-16:30  (9/16-10/13)

 

□トロッケナーシュテック-マッターホルングレイシャーパラダイス

09.00-16.15        (8/19-10/13)

 

ヘルンリ小屋は、9/15をもって、今夏の営業を終了しました。

カラマツは、少し黄葉している部分がでてきています。

 

◎主に咲いている花◎

多くの高山植物の開花時期は終了しました。

サフラン、紫リンドウ(ゲンチアナ・カンペストゥリス)は蕾が開花し始めています。

 

夕暮れ2

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆コンディションレポート

 

 

 

グリンデルワルトコンディションレポート

P9151127

 

 

 

天気 : 快晴  最高気温 : 22℃ 最低気温 : 16℃

日の出時刻 : 7時09分 日の入時刻 : 19時36分

報告者 : 刑部美鈴

<クライネシャイデック/メンリッヘン/ウェンゲンアルプ/モレーン方面>

○ユングフラウヨッホ~メンヒスヨッホヒュッテ○

標高3454m~3650mの雪道です。整備されていますのでハイキングシューズであれば行くことは可能です。雪の風景に囲まれたコースですので、見晴らしが良い日のみ行くことをお勧めします。道を外れればクレバスもあるので危険も時として伴います。

○クライネシャイデック~アルピグレン○         オープンしています。

○アルピグレン~グリンデルワルト○           オープンしています。

○アイガーグレッチャー~アルピグレンの北壁直下○    オープンしています。

○アイガーグレッチャー~モレーン○           オープンしています。

○メンリッヘン~クライネシャイデック○          オープンしています。

○メンリッヘン~アルピグレン○               オープンしています。

○クライネシャイデック~ウェンゲンアルプ○       オープンしています。

○ウェンゲンアルプ~ウェンゲン○             オープンしています。

ゴンドラ運行時間

6/16~12/13  グルント→メンリッヒェン V-BHAN建設中により、クローズしています。

      メンリッヒェン→グルント V-BHAN建設中により、クローズしています。

      代替えバスがグリンデルワルトより1時間に一本9時より出ています。

ロープウェイ運行時間

7/1~9/15 ウェンゲン→メンリッヒェン 8:30~17:10 20分間隔

        メンリッヒェン→ウェンゲン 8:30~17:30 20分間隔

列車運行時間

ウェンゲンアルプ→クライネシャイデック 7時40分、8時~19時まで毎時10分、40分、19時10分

ウェンゲンアルプ→ラウターブルンネン 8時~19時台まで毎時09分、39分

<フィルスト/バッハアルプゼー/グローセシャイデック/ブスアルプ方面>

○グローセシャイデック~フィルスト○   オープンしています。

○グローセシャイデック~ホルンゼーリ~シュヴァルツヴァルトアルプ○   オープンしています。

○フィルスト~バッハアルプゼー○     オープンしています。

○フィルスト~バッハアルプゼー~ヴァルトシュピッツ○ オープンしています。

○フィルスト~ヒレレニ~ブスアルプ○   オープンしています。

○フィルスト~ファールホルン~ブスアルプ○   オープンしています。

ゴンドラ運行時間

6/16~10/27 グリンデルワルト~フィルスト 8:30~17:00まで運行しています。

フィルストフライヤ-

フィルスト~シュレックフィールド間

9/2~10/6 10:00~16:30

バス運行時間

グリンデルワルト駅バスターミナル→グローセシャイデック

8時~16時台 毎時4分発です。 9時台は34分発もございます。

グローセシャイデック→グリンデルワルト駅バスターミナル

9時~17時台 毎時23分発です。 14時台は53分発もございます。

ブスアルプ→グリンデルワルト駅バスターミナル

9:20、10:25、11:30、13:25、14:30、15:35、16:40、17:45

ヴァルトシュピッツ→グリンデルワルト駅バスターミナル

11:20、13:50、16:30

シュヴァルツヴァルトアルプ→グリンデルワルト駅バスターミナル

9:03、10:03、11:03、12:03、14:03、15:03、16:03、17:03

<シルトホルン・ミューレン方面>

○ビルク~グラウゼーリ○   オープンしています。

シルトホルン・ピッツ・グロリア回転展望レストランは通常通りオープンしています。

ロープウェイ運行時間

シュテッヘルベルク~シルトホルン 7時台~16時台 30分間隔

シュテッヘルベルク発 毎時25分 または 55分、最終16:25

シルトホルン発 8:33、毎時03分 または 33分、最終17:55

※混雑時は増便があります。

アルメントフーベルケーブルカー運行時間

ミューレン ⇋ アルメントフーベル  9:00~17:00 15分間隔

○マウンテンビュ-・トレイル、ノ-スフェイス・トレイル、ブルメンタールパノラマ・トレイル○ オープンしています。

○アルメントフ-ベル○ オープンしています。

○ズルヴァルト~ロブホルンヒュッテ~グリュッチェアルプ○   オープンしています。

バス運行時間

ラウターブルンネン→イーゼンフルー

月~金 7:40 月~日 8:35、9:35、12:05、13:35、15:35、16:35、17:35、18:35

イーゼンフルー→ラウターブルンネン

月~金 7:10 月~日 8:03、9:13、11:13、13:13、15:13、16:13、17:13、18:13

カテゴリー: グリンデルワルト, コンディションレポート, スイス | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆快晴のメンリッヘンへ

 

最高気温 22℃

最低気温 16℃

天気 快晴

 

こんにちは!!

本日も快晴のグリンデルワルト

先週までの天候の悪さが嘘の様です

 

 

 

P9151051

 

本日はグリンデルワルトの駅から、バスに乗ること1時間ほど

メンリッヘンへ到着です

P9151060

 

現在Vバーン建設に伴い、こちらのメンリッヘンの駅は改装工事中

現在はこんな感じになっております

 

 

P9151059

 

新婚旅行でお越しのA様

旦那様が昨年もアルプスウェイをご利用いただき、スイスがとても素晴らしかった!!ということで、有無を言わさず新婚旅行先はスイスに決定したのだとか

 

快晴でよかったですね~!!

P9151067

 

植物がお好きなK様

こちらはトリカブト観察中です

P9151062

すっかり秋めいてきましたね!!

P9151077

 

ベッターホルンをバックに

P9151086

 

こちらのメンリッヘンからクライネシャイデックは、整備されているハイキングコースに加え、ユングフラウ3山も見える、景色がとても良いハイキングコースの一つです

 

P9151094

 

こちらはクライネシャイデック手前のところ

後ろに見えているのはユングフラウです

 

P9151100

 

ちょうどランチ時にクライネシャイデックに到着しましたので、手前のレストランでお食事です

 

こちらはフラムクーヘン

 

大きく見えますが、生地がとても薄くて1人で1枚食べれちゃいます!!

 

P9151101

 

本日はとってもお天気が良く、ユングフラウ3山も綺麗に見えていました

 

明日はミューレンエリアへ向かいます

 

お楽しみに

 

 

みすず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

グリンデルワルト★グローセシャイデック~フィルスト

おはようございます。昨日は雪のため運行中止だったグローセシャイデック行きバス、今朝の山はどんな様子でしょう、ハラハラしながらバス停へと走ります。

IMG_20190909_083556

「大丈夫、バス走りますよ~、歩けるでしょう。」という窓口のお姉さんの言葉を信じていざ出発です。本日のハイキングご参加のお二組↓

IMG_20190909_084151 IMG_20190909_084210

途中のオーバーグレッチャー駅

IMG_20190909_091846

グローセシャイデックに到着です。まわりは雪景色。大丈夫、体を暖めてさあ歩き始めましょう。

IMG_20190909_094521

霧に包まれて視界がはっきりしない中、雪に埋もれながらも力強く背伸びをする花々に思わず立ち止まりたくなる。ハイキング道を示す印も石や岩の上では雪に埋もれてしまうのでは・・・

IMG_20190909_095627

非難小屋の中を確認します。

IMG_20190909_101138

少しまわりの様子が見えてきました。

眼下にカウベルの主たち(牛)と、そのむこうにグリンデルワルトの町が見えます。

IMG_20190909_102151

雪道ハイキングは続きます。

IMG_20190909_102714

雪はまわりを無音にします。しずかな空間に陽がさして幻想的。とてもまぶしい。

IMG_20190909_102931

ちょっと寒そうな、でも生きることを頑張る花たち(うさぎぎく&ちどり草)

IMG_20190909_103608

時折顔を見せる山々、雲(霧)が流れてだいぶ明るくなってきました!

粉雪ふる空と流れる雲、花とあぜ道、とても忙しいです。

IMG_20190909_104153 IMG_20190909_110418

フィルスト到着です。このままクリフウォークにいきましょう。

IMG_20190909_120828 IMG_20190909_121130

今日のハイキングは、皆さんが想像していたものとは全く違った別世界へのご案内となりました。大自然からのプレゼントはいかがでしたでしょうか。

IMG_20190909_122632

この後、グリンデルワルトへ下りると青く澄んだ空に浮かぶ白い雲が印象的でした。

記 いしい

IMG_20190909_123910

IMG_20190909_130913

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

エンガディン・雪景色のFex谷

9月9日

…カーテンを開けるとそこは、雪国であった。

DSCF1436

そんな日が、この時期のエンガディンでは一日必ずやってきます。

自然が、夏の終わりを告げるように。

野生動物にそっと 冬ごもりの支度を急かすように。

 

、、、にしても、なかなか積もりました!

サンモリッツで約20㎝。3,000m前後の展望台では30㎝にも。

20190908 雪の朝

↑8日朝、ホテル・ハウザーさんのテラスの椅子に積もった雪。

 

雪の朝を迎えたのは前日の8日。たくさん降った上に一日曇り空で気温が上がらずだったので全く雪が融けず、ハイキングは見送り。

翌9日の今日、まだ残雪多しの中 Fex谷に行ってまいりました。

 

いつものスタート地点、フルチェラス展望台は 完全なる銀世界。

展望ポイントまでは何とか前の人の足跡をたどっていけるものの、それ以上は深い新雪。そんな状態で急こう配を上下するのは危険極まりないので、ここでは写真撮影に留めて引き返しました。ロープウェイも貸し切りでしたね… 展望台で飼育中のウサギだけが嬉しそうに駆け回っておりました。

DSCF1414 DSCF1417 DSCF1421 DSCF1420

…雪山登山?

DSCF1413 DSCF1411

↑雪だぁ~、ウェ~~~イ♪ なウサギたち。

 

上からは諦めて、下のシルスマリアから攻めてみる。しかし下からのコースは、歩きやすいもののほぼ車道なので、あまりハイキング感がございません。日本百名山を大方制覇され、冬スキーも楽しまれるFご夫婦には物足りなかろう… そう思い、中間のクラスタからHotel Fexまでは何とか歩けそうだったので、ハイキングコースを行ってみました。

少し視点が上がるだけで、全く違った景色。真っ白なFex谷も、違った雰囲気で素敵です。

DSCF1434 DSCF1443 DSCF1447 DSCF1446 DSCF1452

クラスタとHotel Fexの間の分岐点。

DSCF1451

より幻想的な雰囲気になったFex谷。

DSCF1457

雪の中、マーモさんが顔を出してくれました。

DSCF1461

雪原が妙に似合うラマ。

DSCF1467

 

長し目の牛。

 

…で、いつもはHotel Fexをゴールとするのですが、健脚なお客様ですし、ここまでは楽な道だったので、さらに谷の奥までご案内。Hotel Fexからはさらに45分ほどかかりますが、谷の奥はまた違った景色で魅力なのです。

DSCF1470

Hotel Fexを遠くに振り返り。

DSCF1473

谷の奥全景。

DSCF1475

いやぁ、冬景色っす…

DSCF1480

…と、こうして歩いている間にも、少しずつ雪が融けて行っているのがわかりますね。

DSCF1481

秋の始まり。色づき始めたカラマツの葉。

DSCF1483 DSCF1485 DSCF1489 DSCF1488

Hotel Fexにて、やや遅めの昼食。エンガディン名物・大麦のスープと、吉原在住イタリア・ヴァルテッリーナ名物、そば粉パスタです。…パスタ、もちろん美味しかったですが、いつになく大盛りで食べきれなかった…

DSCF1492

ランチも終わり、帰り道15時頃には、かなり雪も融けて草原が顔を出し。

DSCF1491

雪が融けたことで時間の経過がわかるが、立ち位置がほとんど変わってなかったラマの群れ。

DSCF1499 DSCF1506

なんだか、一日で冬と春を経験したような、不思議な感覚でした。

DSCF1515

雪が融けてルン♪ な足取りの奥様。

DSCF1514 DSCF1524

帰り道にあるヤギ小屋では、フレンドリーかつやんちゃなヤギがお出迎え。犬みたいに人懐こいヤギが寄ってきました。

DSCF1521

冬に備えまとめられた干し草に群がり、つまみ食いするヤギ達。

DSCF1522

 

…やべっ 見つかった!な顔。

DSCF1528

 

ヤギ小屋の屋根を歩く者まで現れ。…雪でコーフンしていたのでしょうか? なかなかのやんちゃぶりでした。

 

☆おまけ:今日のワン

本気の牧羊犬です!

DSCF1477 DSCF1478

Fex谷奥で出会ったボーダーコリー三兄弟。谷の奥では、毎年羊の放牧をしております。

たぶん、主さんが群れを探してらっしゃったのでしょう。望遠鏡で山の斜面を見つめておりました。

DSCF1479

飼い主さんにピタッとついて行くボーダー三兄弟。主さんのかすかな動きや口笛に、瞬時に反応して、とてもかっこ良かったです。

DSCF1476

おまけに…超やせている! 種が違うとはいえ、我が家の(自称)牧羊犬の体格と動きの緩慢さに、ちょっと恥ずかしくなりました…

IMG_5121

うちのモコモコな牧羊犬。羊には最近興味なし。牛を見ると飼い主をタテに隠れます。

 

カテゴリー: サンモリッツ, スイス | コメントをどうぞ

エンガディン・コンディションレポート

エンガディンエリア コンディションレポート

2019年09月08日

天気:雪

最高気温:04度

最低気温:01度

日の出:06:48

日の入り:19:47

報告者 吉原裕子

 

★ロープウェイ等運行状況★

【ムオタスムラーユ/アルプ ラングワルト方面】

●展望台へのケーブルカー

7:45~23:00、毎時15分、45分の30分毎運行。

最終…23:00(上り下り共に)

●アルプ・ラングワルトのチェアリフト

8:30~17:30

最終…上り17:15 下り17:30

【ディアボレッツァ】

●ディアヴォレッツァ展望台ロープウェイ

8:20~17:00、毎時00分・20分・40分の20分毎運行。

下り最終…17:00

 

【ムルテル/スールレイ峠/ロゼック谷】

●コルヴァッチ展望台ロープウェイ

8:25~17:05 20分毎運行。

頂上からの下り最終…16:57

途中駅ムルテルからの下り最終…17:05

 

【フルチェラス/フェックス谷/シルスマリア】

●フルチェラス展望台ロープウェイ

8:30~17:05

下り最終…17:05

 

【ピッツ・ネイル】

8:20~17:20

頂上のピッツ・ネイル展望台からの下り最終…16:45

途中駅コルヴィリアからの下り最終…17:10

 

※※※ どの展望台からも、最終に乗り遅れると徒歩での下山となります。場所によっては標高差1000mくらいありますので、最終時刻はしっかりチェックしましょう。また、強風などで運行時間が変わる可能性もありますのでこちらの情報をうのみにするのではなく、現地でも目視確認をして下さい。

 

★ハイキングコース・天候概要★

秋口に一度は、夏の終わりを告げるように雪が降ることがあるのですが、今朝がちょうどそんな日でした。しかも約20㎝の積雪としっかり積もり、その上冷え込んだので一日融けることなく、サンモリッツの街は銀世界です。残暑厳しい日本からご出発の時は想像しがたいと思いますが、これからの季節この地域にいらっしゃる時は、しっかりした防寒着を必ずスーツケースに入れましょう。

 

***今咲いている花***

ゲンチアナ、マンテマ、ウメバチソウ、ワスレナグサ、ミヤマノギク、シャジン類、イブキジャコウソ、ワレモコウ、アザミ、ヤグルマギクなど

 

20190908 雪の朝

カテゴリー: コンディションレポート, サンモリッツ, スイス | コメントをどうぞ