グリンデルワルト☆メンリッヘン~クライネシャデック

おはようございます!!

IMG_20190816_084312

今朝もさわやかな風がグリンデルワルトの町を吹きぬけています。本日のハイキングは、まずメンリッヘンまでバスで上りクライネシャイデックにむけて歩きます。バスを待つ間もアイガーの雄姿が私達の一日の始まりを祝福してくれます。

IMG_20190816_084546

今年はVバーンの工事でメンリッヘンまでのゴンドラは運行していません。約50分の山道をバスがクネクネ道を登ってくれます。

IMG_20190816_093918

メンリッヘン駅でバスを降りると、多少の雲があるものの、山々も谷の向こう側に見えるミューレンの村もくっきりと美しいです。

IMG_20190816_095733

さあ、歩きましょう。

IMG_20190816_102532

グリンデルワルトの町を眼下に、アイガー北壁を眼前に道は続きます。 崖下に引き込まれないよう、しばしば壁伝いに歩きます。

IMG_20190816_103154

落石注意!耳をすませて進みます。

IMG_20190816_104433

景色も変わり、視界が開けます。

ヴェッターホルン、メッテンベルグ、そしてグリンデルワルトの谷を背景に。

IMG_20190816_110656

ユングフラウ山群を目の前に、心が躍り、足取りも軽やかになりました。ときおり、雲が頭上すれすれまでおりてきます。 雲が流れて、山の頂きを見せては隠し、なんともじれったい・・・

IMG_20190816_111532 IMG_20190816_111656

かくれては覗く太陽の日差しに氷河を抱く山々は美しく輝いています。

IMG_20190816_114427

アイガー北壁も雲がぬけて全面が姿を現してきました。

IMG_20190816_114621 IMG_20190816_114751

クライネシャイデックが見えてきました。午後の行程を案ずる前にまずは腹ごしらえ。

山岳レストランの特性スープはとても美味しい。

IMG_20190816_121442

そして、レストランの展望台から。

IMG_20190816_123728

クライネシャイデック駅まで降りると、つぎに待っているのはユングフラウ鉄道です。ユングフラウヨッホへ向かって出発です。

IMG_20190816_124502

この後、空はすっきりと晴れわたり、スフィンクス展望台からの景色も素晴らしかったことでしょう。

記 いしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット:快晴の湖巡りコース

みなさま、こんにちは。

今日は久しぶりのザ「快晴」となりました。お客様2名様を湖巡りコースへとご案内いたしました。

DSC_2453

スネガに到着すると、素晴らしい景色が広がっています。
DSC_2439

さて、歩き出しはブラウヘルドからです。
予定より1本早い地下ケーブルに乗車できたため、早いスタートをすることができました。

途中、数少ないエーデルワイスも観察することができました。
DSC_2442

ステリーゼーに到着。ぐるっと回って湖の端まで移動します。対岸のハイカー達まで美しく逆さ状態になっています。
DSC_2447

そして今日の逆さマッターホルンは100点です!
DSC_2448

風も無く、快晴でした!
DSC_2450

もう一枚!
DSC_2453

ここで少し休憩後、2つ目の湖に向かって足を進めます。
途中、マーモットが多く出没するエリアには多くのお花も咲いています。
DSC_2458

しばらく歩くと・・・ グリンジゼーに到着です。私はここからのアングルが好きです。
DSC_2461

そして湖畔はこのような状態。癒されますね。
DSC_2463

そして、谷を渡ります。今日は水量が多かったです。
DSC_2465

3つ目の湖を過ぎ、森林帯に入ります。するとガレ場があります。
でもとても歩きやすいです。
DSC_2469

進行方向右手には、スネガやブラウヘルドも手に取るように見ることができます。
DSC_2470

そして最後のお写真は、私にとってのご神木にツリーハグするお客様です!何をお願いしたのでしょうか~
DSC_2471

その後、リッフェルアルプまで歩いて終了となりました。

2日間ご一緒させていただきましたが、とても楽しかったです!
ぜひ、またアルプスウェイでお越しいただけることをお待ちしております。

北園

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

ミューレン☆ブルーメンタール

おはようございます。

清々しい朝の空気に包まれて、新しい一日が始まりました。

IMG_20190815_081740

本日の目的地はミューレン、グリンデルワルトから一時間と少し、電車とロープウエイを乗り継いで移動します。

IMG_20190815_084038

氷河を抱いたユングフラウ山群が出迎えてくれました。

IMG_20190815_094523

ミューレン駅ではシュヴァルツメンヒが迎えてくれました。

IMG_20190815_100133

静かなミューレンの町の一角を散策しながらケーブルカー乗り場まで、そしてアルメントフーベルまで上ります。フラワーガーデンでトリカブトやキツネノテブクロ、オキナグサ、ウサギギクなどの花の予習をして、さあハイキングを始めましょう。

IMG_20190815_102901

雄大な山々に向かって、静かでのどかな小道を進みます。

IMG_20190815_103756

IMG_20190815_104807IMG_20190815_105954

IMG_20190815_110847

コゴメグサ

IMG_20190815_162913

川のせせらぎを聞きながらしばらく下りますと、そこはミューレンの町です。

IMG_20190815_113856 IMG_20190815_114041

IMG_20190815_114515

ここからシルトホルンまではロープウエイで。おひさまも最後までわたしたちを照らしてくれました。頂上シルトホルン・ピッツグロリアでも360度の展望がお楽しみ頂けたのではと確信しています。

記 いしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ハネムーンスペシャル!ミューレン☆ビルク~グラウゼーリ

グリュッセ!グリンデルワルトより、トモがお届けします。

本日はミューレンのハネムーナーとフルデイガイドでお届けします。シルトホルン展望台と、途中駅ビルクからグラウゼーリのハイキングです。
DSC00851

ロープウェイを2つ乗り継いでシルトホルン展望台へと向かいます。

DSC00853

民族衣装を着たパフォーマーが歌声でお出迎え!

DSC00854

DSC00855

雲が多いものの、360℃展望が楽しめます!

DSC00857

今日もモンブランが見えました。

DSC00859

DSC00861

ボンドごっこは欠かせません。

DSC00862

今度はアルプホルンの演奏が聞けました。

DSC00866

ランチは中間駅ボルトにて。

DSC00867

DSC00868

DSC00869

スリルウォークにも挑戦。

DSC00875

DSC00877

DSC00879

DSC00880

DSC00886

さてここからがハイキングです!目線と同じ高さで広がる山塊を見ながら往復2時間のハイキング!

DSC00889

DSC00892

DSC00894

DSC00897

リンドウも咲いていました。鮮やかです。

DSC00900

DSC00902

今日は風が強く、湖面が波立っているため、湖に山塊はうつりません。残念。

DSC00903

DSC00904

ミューレンの村からパラグライダーのタンデムフライトが見れました。気持ち良さそうです。

DSC00907

ラウターブルンネンで乗り換えの時にシュタウプバッハの滝を見に来ました。乗り換え時間の少しの間、ちょっとだけ見ました。

DSC00909

フルデイ観光とハイキングお疲れ様でした。

それではこのへんで!

トモ

カテゴリー: グリンデルワルト | コメントをどうぞ

ツェルマット;グレーシャートレイル

みなさま、こんにちは。

今日は朝から最高の天気となりました。まさに、グレーシャートレイル(トロッケナーシュテックからシュヴァルツゼー)を歩くのに相応しい天気!

歩き始めは、トロッケナーシュテック。町からゴンドラに乗り、約25分ほどで到着します。
モンテローザやブライトホルンも大きく見ることができます。
DSC_2409

さて、マッターホルンはというと、まるで正三角形の岩山のように見えます。
空気も澄んでいて、とても岩肌が近くに見えました。
DSC_2411

DSC_2412

この荒涼とした風景の中にも、小さな花や植物を観察することができます。
DSC_2414

ドムやヴァイスホルンもよく見えます。
DSC_2416

このコースにはいくつか山上湖が存在します。とても風が強い場所ですが、タイミングが良いと逆さマッターホルンも見えるかもしれません。
今日はちょっと波立っていました。。
DSC_2424

すれ違う人も稀なくらい、歩いている人が少なかったです!解放感があって気持ちがいい!
DSC_2428

ガレ場を下ります。
DSC_2430

そして東壁もどんどんと近づいてきます。
DSC_2431

そしてここが最も東壁に近い場所!というところで記念写真を。
DSC_2433

最後は、氷河の溶け出る川の上にて!
DSC_2436

いかがでしたでしょうか?
大陸の造山活動や氷河の迫力などを体感できるこのコース、ぜひ一度お越しください。

北園

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット;テーシュアルプハイキングへ

みなさま、こんにちは。

今日は4名のお客様をテーシュアルプハイキングへご案内して参りました。

タクシー乗り場に集合し、そこから車で約20分。テーシュアルプからハイキング開始です。
今朝は気温が上がらず、雲が谷に立ち込めていたため、視界はあまりよくありませんでした。

天候が回復することを願い、スタートです。まずは小川を渡ります。正面にはヴァイスホルンがそびえています。
IMG_2202

IMG_2204

静かな樹林帯を進むと、正面にマッターホルンが見えてきます!写真を撮りながら、休憩しつつ進みます。
IMG_2207

お昼前になると、雲も少しづつ無くなってきました。途中、スリリングな道を歩くのです
IMG_2209

一番景色の良いところで皆様のお写真!後ろの雲海が良いですね。
IMG_2208

出発から1時間半ほど歩くと、眼下にはツェルマットの街並みが飛び込んできます。
雲もなくなり、快晴になっていました!
IMG_2213

そしてスネガに到着!!マッター谷と平行に歩くこのコースは、とても高度感があり気持ちが良かったです。
IMG_2214

最後は標識前で写真をとり、スネガのレストランで昼食を楽しみました!
IMG_2215

短くなりましたが、今日はここまで。
明日は、マッターホルンの東壁へ向かって歩くダイナミックなコースをご案内します!

北園

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆メンリッヘン~クライネシャイデック

グリュッセ!グリンデルワルトより、トモがお届けします。

本日はメーンリッヘンからクライネシャイデックのハイキングコースです。

本日のお客様はハネムーナーです!イタリアで挙式からの、スイスアルプスでのハイキング!
DSC00813

ミューレンエリアの山群はきれいにみえています!

DSC00818

そして今日も牛。左の方からガスが上がってきました。

DSC00820

好奇心旺盛な牛がどんどん寄ってきました。

DSC00821

DSC00823

牛がどんどん寄ってきます。うっしっし。

DSC00824

DSC00827

雨の翌日に見える逆さ牛。

DSC00828

牛ばっかりですね。。。

DSC00829

しばらくガスが続きましたが、やっとアイガーが見えてきました。

DSC00834

DSC00837

テンションも上がり、タイタニックごっこです!

DSC00839

DSC00841

お昼ごろになってやっと晴れてきました。

DSC00844

DSC00845

雨が続きました晴れて良かったですね。

DSC00848

連日の雨で山には雪が積もったようです。白くなったヴェッターホルンが見えます。

それではまた!

トモ

カテゴリー: グリンデルワルト | コメントをどうぞ

エンガディン・霧で神秘的☆パルプオーニャ湖

8月13日 曇り時々晴れ

 

本日も、長期ご滞在中のMファミリー様とご一緒。

長期滞在の方で、たまたま吉原のオフとかぶる日がありましたら開催します、本日はプライベート・オプションでございます。

行き先は、「スイスで最も美しい湖」トップテンに毎回ランクインする、パルプオーニャ湖。電車でまいります。

今日は、かなりガスが濃く、おまけに寒かった。でも…こんな湖にはより神秘的な雰囲気をかもし出す、いい演出です。

DSCF0701 DSCF0703

間近に迫る山の斜面と針葉樹の森林が湖面に映るのが魅力の湖です。

DSCF0660 DSCF0663 DSCF0662

霧に包まれた静寂の湖… 東山魁夷さんの絵みたいだね~、と全会一致のイメージの中、ご両親はさっそくスケッチブックにペンを走らせます。

DSCF0653

あっ、本当に魁夷氏の絵のように白馬が… と思ったら、うちのアシスタント犬でした。

プライベート・オプションではもれなくついてきますので、よろしくお願いします。

DSCF0658

カメラ目線も板についてます。

DSCF0652

 

湖に向かう沢沿いは、まるでスイスの奥入瀬渓流☆

DSCF0665 DSCF0669

毎年気になる、湖上コケ玉。いい味出してます。

DSCF0671 DSCF0672

静かな環境で、水鳥の親子も子育て中。上はオオバンの親子。

DSCF0685

こちらは、我々に気づいて急いで逃げるカモの親子。めっちゃ子だくさんです。

DSCF0690

カエルもいました☆

DSCF0693

DSCF0695

こちらは…水鳥が珍しく草むらに?と思ったら、片足のないオオバンが一羽。たぶん群れにも入れないのでしょう。一羽だけ対岸にいて、片足でぎこちなく水をかきつつ、ただ潜水はうまくできないようで浅瀬の水草を食べていました。ここまで大きくなったという事は、片足は最近のことなのか、それともここまで片足で生き抜いてきたのか… そして、どうして片足になったのか… 近くに釣りをしている人がいたので、釣り糸に引っかかってしまったのかも…と、いろいろ懸念するも我々にできる事は何もなく。ただただ、強く生きれよ!と祈るばかりです。

DSCF0689

DSCF0673

 

DSCF0678

DSCF0700

素敵な一日をおつきあい ありがとうございました(^^)/

 

エンガディン駐在 吉原

 

カテゴリー: サンモリッツ, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット:湖巡りコース

みなさま、こんにちは。

今日は湖巡りコースへお客様をご案内して参りました。すっきりとした空模様ではありませんでしたが、ハイキング客は少なく、静かに散策を楽しみことができました。

まずはこちら、歩き出し時のお写真。
んんーマッターホルンの山頂部分が見え隠れする状況。

DSC_2382

そして歩くこと約40分、ステリーゼーが見えてきました。
DSC_2384

湖畔まで行くと、湖面が無風のため鏡状になっています。
DSC_2385

まさに、雲上の湖って感じがしますね!
そして期待の逆さマッターホルンは、、ちょっと写りましたよ!
DSC_2387

そして道中、シュヴァルツナーゼが群れを成して食事中でした。
DSC_2392

DSC_2393

こちらはグリンジゼー手前の一本橋。今日一番の難所です・・
DSC_2395

はい、そして到着!少し休憩です。
DSC_2397

こちらは昔、氷河のあった場所を流れる小川です。小石や砂利がどんどん流れてきます。
DSC_2398

グリュンゼーを通過し、途中のレストランで早めのランチです!
DSC_2400

DSC_2401

そしてスイス松の森を歩き、、リッフェルアルプまで歩きました。
DSC_2405

DSC_2406

ゆっくりとお昼も楽しみましたね!

明日からは天候が回復します。
乞うご期待です!

北園

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆グローセシャイデック~フィルスト

グリュッセ!グリンデルワルトより、トモがお届けします。

本日も昨日からの雨で、ガスっています、、、。グローセシャイデックまで来ました。

DSC00769

最近はトリカブトが咲いているのをよく見かけます。

DSC00770

牛さんは朝食の時間でしょうか、一心不乱に草を食べています。

DSC00773

DSC00775

DSC00776

水色のワスレナグサが咲いていました。

ガスが出ていますので、山の景色は見れないので、お花の写真をお楽しみください。

DSC00777

DSC00778

DSC00781

DSC00782

DSC00779

DSC00783

DSC00784

DSC00785

ここ数年、キバシガラスが大量発生しています。今日も群れをなして飛んでいました。

DSC00787

ハイキング道の所々に牛さんがいます。

DSC00789

DSC00790

DSC00792

DSC00794

おっと、シャモアもいました!!!

DSC00798

DSC00799

めずらしく、アサツキが咲いていました。ネギ属なので、葉がネギのようです。葉は食べれるみたいですね。

DSC00800

最後の三十分は雨が降ってきましたので、傘を差しながらのハイキング。

フィルストのレストランは室内は混んでおりました。本日のメニューはヘルンリパスタのボロネーゼ。

DSC00804

DSC00807

午後はバッハアルプゼーまで歩かれるそうです。

それではまた!

トモ

カテゴリー: グリンデルワルト | コメントをどうぞ