21/4/12発沖縄・久米島フィッシングツアー4日間

IMG_3927

皆様、こんにちは、久米島から小瀬です。

4/13,14のフィッシングツアーのレポートをお届けします。

4/13は「はての浜」ルアーフィッシング・・・素晴らしい天気に恵まれました。

4/14は「キハダマグロ釣り」・・・これぞ、久米島が「マグロの島」と呼ばれる所以を体験しました。

IMG_3875

JALで羽田から約2時間、那覇空港へ、乗り換えて35分、久米島空港へ

今回も那覇から久米島のフライトが突然、欠航となりヤキモキしました。機材トラブルとのことですが、単なるコロナ関連の間引きで、お客様を特別便に集めたような気がします。

IMG_3874

「はての浜」を上空から。このツアーではルアーフィッシングとシュノーケリングを楽しみます。

IMG_3138

久米島空港からホテルに行く途中に立ち寄った釣具屋さん、マンボー(蔓延防止ではない 笑)

店長さんに、はての浜でおすすめのルアーを紹介していただきました。

IMG_3881

宿泊するホテルは、立地が素晴らしいイーフビーチホテル!

IMG_3882

目の前はビーチです。

 

4/13 はての浜ルアーフィッシング

IMG_3883

いつもお世話になる久米島海洋レジャー様。

ベテランのおじさんだと行く途中にいろんな説明を聞くことができます。その為、浜への到着が少し遅くなります(笑

グラスボートから海底を眺めたり、はての浜での屋根付きの休憩小屋利用など嬉しいサービスが受けられます。

IMG_3887

IMG_3894

IMG_3904

サンゴや熱帯魚、時々、昼寝している赤海亀も楽しめます。

IMG_3907

いつきても変わらない美しい浜が待っています。

D02A4350-1A08-430E-8232-AA1ACF7362FD_1_105_c

普段はルアーフィッシングをしないお客様も、今日はルアーフィッシングにチャレンジ。

877CAF3E-D9D3-4D47-9FAA-10DC541DC1B4_1_105_c

 何度も何度もルアーを投げました。それだけでも楽しい!

IMG_3932

潮が引いてくるとこんな岩場も現れます。奥まで歩いてもっと外海を攻めることができます。

IMG_3947

10868F1A-F63A-40DB-A75C-ED9BFCCAB7F7_1_105_c

約2時間の釣りでしたが、思い思いに楽しい時間を過ごしました。

フィッシングをしない方は、シュノーケリングもおすすめ

午後からは、フリータイム。観光したり、防波堤や港内で釣りしたり。

 

4/14 キハダマグロフィッシングの日

IMG_3953

前回、ツアーにきた時は波浪注意報で船で沖に出ることができませんでした。

今回は、午後から荒れる予報ですが、なんとか出船できました。やったー!

99762F09-5901-40DB-9262-B45275692AF1_1_105_c

娘さんの名前をつけた梨帆丸、息子さんの名前をつけた琉真丸、

FBF2E2E1-E2DD-4110-868A-4200C51A0C1D_1_105_c

海の宝、海宝丸の3隻で出発です。パヤオ(人工魚礁)はいくつもあるのですが、本日は海が荒れるので早く帰港できる一番近いポイントへ(50分)

キハダマグロ船はパヤオでの釣りなので船の片側三人限定。

三人で船を貸し切る為、また、船長さんの他に仕掛けを作ってくれるアシスタントスタッフもいて、満足度の高い釣りができます。

9BEFEC24-A6DD-47D6-B959-E4CE351900AB_1_105_c

3A1C8142-717B-45D3-9B16-541606ECB5B6_1_105_c

曇り空ですが、暑いよりよかったと思いました。それでも紫外線が多く、顔は日焼けしました。

IMG_3958

私の船のリールは、夜、本マグロを釣る時に使用する大型電動リールを搭載していました。大物がきてもガンガン巻いてこられます。

IMG_3971

このパヤオは、水中にあるため、水面に建設物は何も見えません。

棚は80m〜150m。人工魚礁とはいえ、魚群探知機でマグロの群れを追います。深い所は、1600m以上もあるそうです。

ABDAB51D-6D21-444A-926B-226D5FE5F2EE_1_105_c

仕掛けは、沖縄や久米島独特のパラシュートと呼ばれるものを使用します。相模湾などの仕掛けはコマセカゴに餌はおきあみですが、

492274BF-EDEE-444A-BA00-25631BC9ABF1_1_105_c

こちらでは餌はでっかく魚の切り身、その餌を丸めたハリス、練り餌とその他の魚の切り身と一緒に黒い袋に包んで紐で軽く縛ります。

棚まで一気に沈めて、竿やラインをあおることによって袋を開くシステムです。その袋の開き具体はまるでパラシュートのようなので、こう名付けられたようです。

IMG_3969

このパヤオは、私たち3隻の貸切でした。

E8476AC7-5600-424C-87F8-19D76E7038D1_1_105_c

人工魚礁、パラシュートの仕掛け、船長のリードが相まって、

釣りをはじめてたった15分、各船でどんどんマグロが釣りあがりはじめました。

BDADAA84-7D6F-45D1-8ABF-0B0FB2DD2B71_1_105_c

今度の魚は結構、良い型です。

IMG_3983

プリプリに太った30kg弱のキハダマグロ

IMG_3987

IMG_4001

8時から12時までの約4時間で釣果は、この通り!(通常は、8時から15時)

これは1隻での釣果です。

90FE09F4-5BCD-40AC-B352-0B7331027164_1_105_c

66AEA1D8-FCAE-484F-9BC9-9604507D2742_1_105_c

ご覧ください!

本日は6名で、8kg〜30kgまで、リリースした魚も含め、なんと17匹!

恐るべし「マグロの島、久米島」

船長さんやアシスタントの方がとても優しく、釣りだけでなく人の温かみも感じることができました。

IMG_4011

通常、帰港が16:00なので港で配送手続きできるのですが、本日は、天候が悪く早めに戻りました。自宅に託送するためには、久米島空港に来て手続きをしました。

大の箱(氷5kgを含めた29kg)で1万円弱です。意外に安いと思いませんか?

IMG_4017

晩餐会は、居酒屋亀吉にて。

今回、キハダ 船3隻を段取りしていただいた船長のお店です。自宅に送らなかった小さなキハダ3匹を持ち込んで料理してもらいました。

釣りに、スキーに、遊びに、人生の話に、、、花が咲きました!

IMG_4018

お刺身

IMG_4019

皮の唐揚げ

IMG_4020

カブトの煮付け

IMG_4024

マグロのあぶり寿司、その他にハツの煮物など6〜7品、どれも本当に美味しかったです。

プラス、車海老の刺身、ミミガー、らっきょのキムチ、ホヤガイ、焼き鳥、春巻き、サラダなどなど、素晴らしい夕食でした。

 

このような時期にツアーご参加していただいたお客様、本当にありがとうございました。私も時を忘れ、楽しい時間を過ごさせていただきました。

深く感謝申し上げます。

小瀬信広

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

3/15発冬山入門ツアー 最終日は北横岳へ

最終日の朝は快晴!甲斐駒もバッチリ見えています。

IMG_4370

ホテルの敷地が広いので、散策や星空観賞に便利です。鹿やリスとの出会いのチャンスもあります。

IMG_4369

本日は北横岳登頂を目指します。スイスを思わせる建物からピラタスロープウェイに乗ります。

IMG_4377

まずはロープウェイで出発。ロープウェイからの景色も絶景です

IMG_4378

ロープウェイ山頂駅から中央アルプスと御嶽をバックに一枚

IMG_4386

赤いロープウェイが映えます。よく見るとロープウェイの上部に作業員の姿が!

IMG_4387

アイゼンを付けて、まずはキツツキの前で集合写真

IMG_4394

まずは坪庭を歩いてウォームアップです

IMG_4395

坪庭は観光地ですが、そこから先は登山道。気を引き締めていきます。

IMG_4399

朝の締まった雪にアイゼンの歯がよく噛みます。

IMG_4400

しばらく登ると分岐に到着。目指すのは北横岳ですが、右の三ツ岳はスリリングな岩場やクサリ場があるルートです

IMG_4403

そして北横岳ヒュッテに到着。ここまで来れば頂上まであと少し

IMG_4404

2400mくらいの標高から木の枝に氷が付いていました。このような景観も冬ならではです

IMG_4411

 

氷の付き方で風向きもわかります

 

 

IMG_4440

樹林帯を抜け八ヶ岳連峰や南アルプスが見えています。

IMG_4415

少し風を受けますが、その分景色を楽しめます

IMG_4418

頂上まであと一息

IMG_4420

南峰に到着。右手の山は秋のツアーで登った蓼科山です。今回のお客様でも一緒に登った方もいらっしゃいました

IMG_4428

北横岳の実際の山頂は北峰。少し奥になります

IMG_4429

こちらが北峰(2480m)浅間山方面が見えています。

IMG_4432

蓼科山の左には穂高連峰、右には剱岳などが見えました

IMG_4434

絶景を楽しむお客様

IMG_4437

景色を楽しんだあとは少し緩み始めた雪を踏みしめ同じ道をロープウェイ乗り場へと戻ります。

IMG_4442

坪庭まで下り、北横岳を指す皆様。

IMG_4444

 

無事に3日間のツアーが終了しました。晴天だけではなく、昨日のような強風も冬山の表情です。もちろん初日や最終日の晴天がベストですが、すべて含めて楽しんでいただけましたら幸いです。

スノーシューやアイゼンも歩く場所を選べば初めての方でも楽しめます。未経験の方も是非チャレンジしてみてください。

次の国内ハイキングは少し先になりますが、お問い合わせ、ツアーのリクエストなどお気軽にご連絡ください。

 

神﨑 裕一

kanzaki@fellow-travel.co.jp

 

カテゴリー: その他, 未分類 | コメントをどうぞ

3/15発冬山入門ツアー 2日目は強風の美ヶ原へ。

蓼科での2日目の朝、朝食会場の窓からは八ヶ岳が見えるのですが、あれ?雲が多め?という空模様。

IMG_4340

地元の乳製品やサラダ、フルーツ、煮物、蕎麦などバラエティに富んだ朝食をいただきました。

IMG_4341

本日は美ヶ原へ。昨日に続いての百名山を目指します。皆さん、アイゼンの装着にも慣れてきたようです。

IMG_4347

複数の電波塔が立つ小高い丘のような場所が王が頭(2034m)。美ヶ原の山頂です。

IMG_4350

 

それにしても「どうした?天気予報?!」といった感じの不吉な感じの黒い雲と強い風が吹き付けます。晴れマークのはずだったんですが・・・

写真では伝わりませんが、かなり強い向かい風の中歩いてます。

IMG_4352

山頂に立つホテルの建物が近づいてきました。この辺りでは恐らく皆様早く風から逃れたい!という心境だったと思います。

IMG_4354

ホテルのレストランで一息ついてランチタイム。

IMG_4356

そして再び強風の中へ出て山頂の王が頭へ!さらに奥にある王ヶ鼻へも向かう予定でしたが、強風がもろに吹き付ける地形のため、無事登頂できたのでUターンを決断。

ホテルに帰ると強風が嘘のように穏やかな気候でした。

IMG_4362

本日のディナーもイタリアン。三種の前菜から始まり、

IMG_4363

暖かい前菜はイカスミを使ったライスコロッケ

IMG_4365

つぶ貝とイカのパスタ

IMG_4366

鯛と春野菜のスープ仕立て。本日は魚のコースです。

IMG_4367

最後のデザート、エスプレッソまで美味しく頂きました。

IMG_4368

 

食後に夜空を見上げると、星が!強い風が食事前まで空を覆っていた雲を吹き飛ばしてくれたようです。

最終日の明日は北横岳を目指します。明日は予報通り晴れてくれますように・・・

 

神﨑 裕一

 

 

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

3/15発冬山入門ツアー 初日は車山へ

皆様こんにちは。一昨日までの上高地スノーシューツアーに続き、長野からツアーの様子をお届けします。昨晩遅くまで中央線の運転見合わせがあり、心配していましたが無事にツアースタートしました。

今回はスノーシューではなく、軽アイゼンを付けての雪山入門ツアーです。初日の今日は車山を目指します。

 

IMG_4244

北アルプスをバックに歩く皆様

IMG_4247

天気が良いのでピクニックランチ。御嶽や乗鞍も見えています。

IMG_4253

もちろん八ヶ岳連峰もバッチリ見えました。

IMG_4255

無事に百名山の一座、車山(1925m)に登頂!

IMG_4264

車山神社の前でスキー場と

明後日登る北横岳方面をバックに集合写真。

IMG_4274

スキーコースの脇を下った後は、なだらかな湿原の横を歩きます。終日晴天に恵まれ、気持ちよくお歩きいただけたことと思います。

IMG_4286

 

今回の宿泊は蓼科東急。個人的には昨年の秋から4回目の宿泊です。

今回はイタリアンディナー。

IMG_4293

こういう料理を食べていると、イタリアの山を歩きたくなりますね。

IMG_4294

こちらはラム肉。

IMG_4296

 

順番間違えましたが、メインの前のパスタです

IMG_4295

ティラミスとマンゴーシャーベットにフルーツ。美味しくいただきました。

IMG_4298

 

食後はホテルの庭から星空観賞。澄んだ空気の中美しい星空が見えました。

IMG_4337

冷えた体を暖炉で暖めながら夜は更けていきます。

IMG_4322

 

明日も晴天予報。明日は美ヶ原を歩いてきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

3/11発スノーシューツアー 新雪のスノーシュー!

朝目覚めると景色が一変。20-30cmほどの雪が積もっていました

IMG_4222

ひだやの朝食はお雑煮。夜お米を研いでおくと朝にはシャーベットになってしまうためだそうです。家族経営の温かさが感じられます。

IMG_4221

宿の皆さんに見送られて出発!

IMG_4226

明神橋も冬景色に。

IMG_4228

昨日も写真撮影した場所ですが、まったく違う場所のようです

IMG_4233

新雪を踏みしめ森の中を進みます。昨日よりも踏みしめる雪が柔らかくて気持ちいいです

IMG_4234

雪雲をまとった明神岳

IMG_4235

大雪の中、河童橋を通過。

IMG_4237

写真でも分かるくらい雪の降りが激しくなってきました。

IMG_4239

悪天候の中頑張っていただき、大正池に到着。最後に穂高連峰が少し姿を現し、見送ってくれました。

IMG_4241

無事に上高地トンネルに到着して、スノーシューは終了。

IMG_4242

 

晴天の展望台から始まり、新雪のスノーシューまで変化に富んだ3日間となりました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。またご一緒しましょう!

次の国内ツアーは3月15日からの冬山入門ツアーをお届けします。引き続きお楽しみに!

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

3/11発上高地スノーシューツアー 2日目は上高地へ

2日目の朝を迎えた上高地スノーシューツアー。本日は写真の右端の山のふもとを目指します。

IMG_4106

まずは朝食で腹ごしらえ。朴葉みそはご飯が進みます。朝からご飯3杯いただきました。

IMG_4108

こちらは鍋で出来立て豆腐をいただけます。

IMG_4111

美味しいご飯と温泉を楽しんだ中の湯温泉をあとにして、出発。

IMG_4112

釜トンネルから歩行開始!まずは1.3kmのトンネル内を歩きます。

IMG_4116

さらに上高地トンエルを抜けて、スノーシューの準備。

IMG_4119

天気予報とおり雲が多いですが、山は顔を出していました。大正池にもバッチリ映ってます。

IMG_4122

昨日展望台から見た焼岳を違った角度から。

IMG_4127

梓川も向こうにそびえる明神岳から前穂高。

 

IMG_4132

河童橋も貸し切り状態。今回は他に誰もいませんでした!

IMG_4140

右岸の橋の名前はひらがなで刻まれていて可愛らしいです

IMG_4144

穂高を望むピクニックテーブルでランチタイム。

IMG_4151

河童橋を過ぎると清水川。清流の中にはバイカモの緑が揺れています。

IMG_4159

カラマツの森を進む皆様

IMG_4162

穂高奥宮・明神池への入り口。ここまで来れば宿はもうすぐです

IMG_4168

明神橋到着。雪が舞い始めました。

IMG_4171

今回もお世話になります、山のひだや。雪かきをしているのが宿のご主人です。

IMG_4172

こちらが明神池のほとりにある穂高奥宮。

IMG_4173

奥宮の奥にある明神池。雪が舞い、神秘的な雰囲気です。

IMG_4179

今回の夕食もトンカツ!頑張って歩いた体が喜ぶのがわかります。

IMG_4203

日が暮れると暖炉の灯りも美しく見えます。

IMG_4210

ランプの灯りも良い雰囲気。

IMG_4214

 

暖炉の温かさの中、夜は更けていきます。。。

 

神﨑 裕一

 

 

 

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

3/11発上高地スノーシューツアー 初日は新穂高ロープウェイへ

皆さま、こんにちは。3月11日からの上高地スノーシューツアー第2弾の様子をお届けします。

初日は松本駅に集合。駅からも北アルプスのパノラマが楽しめます。1番存在感があるのが常念岳。槍ヶ岳も控えめに顔を出しています。

IMG_4021

まずは前回のツアーでは緊急事態宣言の影響で運休していた新穂高ロープウェイへ。安房峠トンネルを抜けて岐阜県になります。

IMG_4022

ロープウェイを乗り継ぎ、展望台へ。上部のロープウェイは日本唯一の2階建てロープウェイです。

IMG_4023

ロープウェイ内からの景色。槍ヶ岳から南岳までの連なりが見えます。ここからは見えませんが南岳のさらに右が有名な大キレット、北穂、奥穂へと続きます。

IMG_4027

そして2156mの西穂高口の展望台到着。冬限定のキャラにしほくんと西穂高岳を撮影

IMG_4032

その後今回の集合写真。槍と西穂をバックに。

IMG_4035

焼岳からはうっすらと噴煙が上がります。本日のお宿はこの山の裏側、中の湯温泉です

IMG_4042

さらには岐阜の名峰、笠ヶ岳。さらには白山方面も見えました。

IMG_4044

展望台にはこんな雪の回廊があり、少し散策で雪に触れてきました。

IMG_4049

明日のスノーシューに備えて早めに中の湯温泉へ。

IMG_4050

秘湯を守る会の大きな提灯。秘湯。響きからしていいですね~

IMG_4051

さらには奥穂、前穂、明神岳と上高地の山々も望む景色が楽しめます。

IMG_4054

夕食はカモ肉の鍋やサーモン、イワナの塩焼きなどが並びました。

IMG_4063

少し雲が出てきましたが、旅館の前から夜空を撮影。

IMG_4089

星もきれいに見えていました。

IMG_4102

 

明日はいよいよ上高地スノーシューツアーのスタートです。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

2/12発 上高地スノーシューツアー 最終日も快晴

明神で最終日を迎えたツアー最終日も快晴となりました。朝食前、朝日に染まる明神岳を見学に。

IMG_3930

マイナス8度ほどの気温の中、この風景を貸し切りで楽しみました。

IMG_3938

枝もうっすらと白くなっています。

IMG_3942

朝食はお雑煮。冷えた体に染みわたります。宿のご主人によると、お米は研いでいるうちにシャーベットになってしまうため、お餅だそうです。

IMG_3952

宿のお嬢さんに見送ってもらい、出発!

IMG_3956

スノーシューも3日目となり慣れてきたので、踏まれていない新雪を歩いてみました。新雪でもさほど沈まずに歩けるのがスノーシューのメリット。自分の踏み跡を残す気持ちよさはスキーと一緒ですね。

IMG_3960

結構動物の足跡も見かけます。ウサギやキツネ、オコジョ、リス、シカなどが生息しています。動物の痕跡が見つけやすいもの雪の時期ならでは

IMG_3957

今日も河童橋は絶景。そして貸し切り!

IMG_3968

焼岳に向かって歩きます。

IMG_3971

奥穂をバックに集合写真。

IMG_3989

こんなところを歩きます。気持ちいいに決まってますね。

IMG_3992

ピクニックランチもこの絶景。晴天と暖かい陽気のお陰です

IMG_4000

ゴールはもうすぐです。

IMG_4005

釜トンネルを抜けてゴール!皆さん、お疲れ様でした!!

IMG_4007

 

晴天に恵まれ無事に上高地スノーシューツアー終了しました。

ご興味をもっていただいた方は、是非次回のツアーで一緒に歩きましょう。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

2/12発 上高地スノーシュー 2日目は明神へ

上高地スノーシューツアーの2日目はいよいよ上高地へと向かいます。お客様がてるてる坊主を作ってくれたおかげで、2日目も青空が広がりました。

旅館の前からは明神岳、前穂、奥穂といった山々がくっきりと見えました。マイナス6度ほどの気温で空気が澄んでいます。

IMG_3723

木々のシルエットと飛行機雲も絵になります。

IMG_3727

旅館の車で上高地への玄関口、釜トンネルへ。まずは長さ約1.3kmのトンネルを歩きます。トンネル内は暗い場所もあるので、ヘッドランプが必須です。それにしても風が吹き抜けて寒かったです。

IMG_3747

釜トンネル、上高地トンネルを抜けたところで、スノーシューを装着。

IMG_3752

歩きだしてしばらく行くと、再び穂高の山々が見えてきました。

IMG_3765

山々をバックに集合写真。

IMG_3755

約100年前の焼岳の噴火でできた大正池。鏡のように穂高の山々を映します。

IMG_3770

そしてこちらは焼岳。うっすらと噴煙も見えています。冬の時期は山スキーで登る人もいる場所です。

IMG_3774

カラマツやダケカンバ、シラカバなどの森を歩き、河童橋を目指します。

IMG_3777

カラマツの枝から伸びるサルオガセ。立派に生育しています。

IMG_3781

ウェストン碑の前を通過。

IMG_3786

河童橋の手前くらいからサルの姿が増えてきました。人を気にすることなくエサを探します。

IMG_3788

そして、河童橋到着!例年の紅葉の時期などは登山客、観光客でごった返していますが、この時期はゆっくり写真を撮れます。

IMG_3792

河童橋の近くでピクニックランチをしていると、サルが枝から枝へとジャンプ!の瞬間を撮影しました。子ザルはカラスが怖いのか、カラスが近くで鳴くとパニックになっていました。

IMG_3798

ランチ後は小梨平を抜けて明神へ。

IMG_3811

明神橋と明神岳。本日の宿はこの橋を渡った場所です。

IMG_3812

この林の奥にたたずむ「山のひだや」に泊まります。

IMG_3815

荷物を預けて明神池にある穂高奥宮へ晴天のお礼参りへ。

IMG_3817

今日の宿は電気や水道がないのでランプの灯りで夕食です。

IMG_3828

美味しいトンカツの夕食でした。

IMG_3832

そして食後には星空観賞へ。といっても19時半ころです。

IMG_3886

まさにプラネタリウムといった感じの満天の星を見ることが出来ました。

IMG_3927

 

こういう大自然の中に宿泊するからこその景色ですね。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

2/12出発 上高地スノーシュー 初日は乗鞍高原でスノーシュー

皆様こんにちは。

2/12出発の上高地スノーシューツアー、無事に終了しました。ツアーの様子をレポートします。

初日は展望台closeの影響で予定を変更して乗鞍高原でのスノーシューへ。駐車場からは乗鞍岳やスキー場も見えています。春の山スキー、夏の登山でも人気の場所です。

IMG_3709

乗鞍高原到着後、まずはランチタイム。野沢菜を使ったピザをいただきました。意外に思えるトッピングですが塩加減が丁度よく、美味しかったです。

IMG_3687

店内には姉妹都市であるグリンデルワルトの写真が。早くスイスにも行けるようになってほしいものです。

IMG_3685

今回初スノーシューの方もいらしたので、まずは装着の仕方を確認。

IMG_3688

善五郎の滝までの往復をご案内してきました。

IMG_3690

左右のスノーシューを踏まないように気を付けて歩き、林の中を抜けて、、、

IMG_3694

凍結した善五郎の滝へ到着!

IMG_3696

人が立つを大きさが分かりますね。昔、善五郎という人がここで釣りをしていたところ大きなイワナに引き込まれそうになったことから、善五郎の名が付いたそうです。

IMG_3701

こんなところにも登れます。

IMG_3704

スノーシューの足慣らしをした後は、本日のお宿、中の湯温泉へ。安房峠の中腹にある温泉旅館です。

IMG_3715

露天もあり、とても気持ちの良いお風呂でした。

IMG_3717

イワナやカモ肉の鍋など夕食も豪華でした。

IMG_3719

 

明日はいよいよ上高地スノーシューへと向かいます。

2日目に続きます。。。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ