グリュッチュアルプ~ミューレン

DSC05606

天気:曇りのち晴れ

最高気温:22度

最低気温:10度

 

みなさんこんにちは。

今日はグリンデルワルトに来ています。

 

今年から、シルトホルンもスイストラベルパスで無料で行けるようになったので、ミューレンエリアへ行ってきました。

DSC05615

 

このようなユングフラウ三山が見れて、難易度も高くない、グリュッチュアルプからミューレンまでの線路沿いのコースを歩いてきました。

お花がたくさん咲いていて、ユングフラウ三山の絶景もあり、立ち止まり、写真タイムが絶えない2時間となりました。

今日見かけたお花の一部です。

DSC05607

 

 

DSC05610いまの時期はたんぽぽの元気がいいですね!あちこちで綺麗に見られます。群生していれば黄色い絨毯のようで圧巻です。

DSC05623

 

たんぽぽとシレネディオイカ

 

DSC05611

 

忘れな草の群生は、写真に撮るよりも実際に見ていただいた方が伝わりそうです。。。

 

DSC05631

 

数は少なかったのですが、リンドウも咲き始めていますよ~!

 

DSC05627

 

水気の多いところではリュウキンカも見られます。

 

DSC05633

 

ミューレン手前にて。絶景ベンチで一休憩。

 

DSC05636

もちろん放牧もスタートしています。

 

DSC05647

 

帰りにはシュタウプバッハの滝もちら見してきました。

 

久田めり

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト | コメントをどうぞ

ユングフラウ観光

IMG_0086

天気:曇り

最高気温:10度

最低気温:4度

 

みなさんこんにちは。

グリンデルワルトの2日間は展望台観光に行ってきました。

 

まずは生憎のお天気の中、ユングフラウヨッホへ。

IMG_0088

赤いユングフラウ鉄道で向かいます。クライネシャイデックは雪、完全に冬景色でした。

IMG_0089

IMG_0091  IMG_0092

 

景色は見えませんでしたが、ユングフラウヨッホには様々なアトラクションがあり、悪天候でも楽しむことができました。

 

IMG_0094

お昼にはスイスらしくロシュティをいただきました!

 

2日目は少し天候が回復。

シルトホルンへ行ってきました。

IMG_0097

ラウターブルネンの谷は滝がたくさん流れています。

 

IMG_0105

シュテッヘルベルクから乗り換えること3回、シルトホルンに到着です。

 

IMG_0104  IMG_0102

ヴェッターホルン、アイガー、ユングフラウといった名峰をようやく拝むことができました!ここまで上がってきてよかった~!

ミューレンの街は雲より下だったので、山々は見えなかったのですが、ビルクにあがる途中で雲を抜けました!

 

IMG_0108

 

展望を楽しみ、

 

IMG_0112

絶景を見ながら、回転レストランでランチをしました。

IMG_0111

今日のランチはジェームズボンドスパゲッティ

 

IMG_0114  IMG_0113

そのあと、ボンドワールドをまわってから戻りました。

 

IMG_0117

ラウターブルネンの谷は緑いっぱい新緑が綺麗です。牛の放牧も始まりました。

IMG_0120

忘れな草

 

IMG_0123

グリンデルワルトに戻ったら、ヴェッターホルンが見えていました!

 

 

久田めり

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

夢にまで見た街 ルツェルン

IMG_0080

天候:晴れのち曇り

最高気温:11度

最低気温:2度

 

みなさんこんにちは。

2018年最初のアルプスウェイブログです。

今日は都市観光ブログ。ルツェルンに行ってきました♪

IMG_0078

ルツェルンにはルツェルン湖とも呼ばれる、フィアヴァルトシュテッターゼーがあり湖畔でこのようにお天気がいいと湖畔でのんびり過ごすのが人気です。

 

IMG_0079

 

ルツェルン駅前の門。

現在のルツェルン駅はモダンな建物ですが、少し手前に立派な門があります。1971年にルツェルン駅は火災で焼失しているのですが、そのときに残ったものです。

 

IMG_0082

それからこれもルツェルンの観光地。

ライオン記念碑を見て。

IMG_0080

 

旧市街からカペル橋を渡って。。。

 

晴れた日のルツェルンは本当に美しい街で感激します。

 

IMG_0083

 

そしてグリンデルワルトにやってきました。雲が多くなりましたが、なんとかアイガーはお目見え。

 

IMG_0084

グリンデルワルトのホテル シュバイツァーホフは外見はスイスらしさに溢れていますが、内装はとても清潔感のある素敵なホテルです。

 

明日明後日の天気がよくなることを祈って。

久田めり

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

ゴルナーグラート観光

DSC05067

天気:晴れ

最高気温:6度

最低気温:-2度

 

みなさんこんにちは。ツェルマットに戻ってきました。

 

今日はゴルナーグラートへ行ってきました!

今日は晴れ予報だったのですが、朝からツェルマットの街では雲がどんより、、、

電車であがると途中で雲を抜け、見事な雲海が綺麗でした。

DSC05064

 

DSC05065

 

リッフェルベルクから上の辺りでは、雪が作られ始めていました。

 

DSC05069

 

ゴルナーグラート展望台から。ただただ、感動の景色が広がっていました。

 

DSC05075

モンテローザ側も同様に。雲はありましたらこれもまたいい感じです。

 

DSC05066

 

ゴルナー氷河も壮大でした。

 

DSC05076

 

今日はオレンジ色のゴルナーグラート鉄道に乗っています。1898年開業

 

DSC05077

 

ローテンボーデンからリッフェルゼーに寄ってみました。が、半分以上凍ってる、、、 もう冬ですからね。

 

DSC05081

 

と諦めていたのですが、すごくきれいな逆さマッターホルンに出会えました!!!

 

DSC05080

 

おふたりもハッピー♡

 

DSC05084

 

ハイキングコースはなんとか歩けましたが、やはり陰になる部分はもう雪に覆われていますね。

 

DSC05085

 

 

こちらのお客様で2017年夏シーズンは最後となりました。

アルプスウェイをご利用いただいた方、ブログをご愛読いただいた方、誠にありがとうございました。しばらく更新はなくなりますが、また来年の5月、6月頃から始まりますので今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ユングフラウヨッホ観光

DSC05012

天気:晴れ

最高気温:17度

最低気温:8度

 

みなさんこんにちは。今日はアイガーのお膝元、グリンデルワルトに来ています。

 

今日は電車に乗って、Top of Europe ユングフラウヨッホへ。

 

DSC05016

 

DSC05015

 

車窓から見える景色はまるで冬のようです。

 

DSC05018

 

途中駅アイスメーアの窓から、ミッテルレギ小屋が見えます。アイガー登頂の際に泊まる山小屋ですね。

 

DSC05032

 

さて、到着。

 
DSC05022ユングフラウヨッホでは、チューリヒ出身の実業家アドルフ・グィヤーツェラーが迎えてくれます。

彼がユングフラウ鉄道を考案した人です。

 

DSC05031

ユングフラウヨッホはこんな高さのところに?!というほど充実したアトラクションがあります。

まずはスフィンクス展望台でメンヒをバックに写真撮影。風があまりない日でしたので思ったよりは暖かかったです。

 

DSC05034

 

イッツアスモールユングフラウ(エリア)

 

DSC05037

氷河の中にも入れちゃいます。

 

DSC05041

 

前に写真を撮っていた人と同じポーズにしてみたら、楽しそうな絵になりました!

 

DSC05047

 

プラトーでは今度はユングフラウをバックに。

当初の計画では、ユングフラウの頂上まで鉄道を通す予定だったとか、、、

 

DSC05054

 

クライネシャイデックに戻ったらより晴れていました!アイガーとメンヒをバックに、ユングフラウ鉄道がおもちゃのようです

 

DSC05057

 

黄色と緑の車体は、ウェンガーアルプバーン、グリンデルワルト~クライネシャイデック~ウェンゲンまでを結んでいます。今日もご主人は電車の撮影に大忙しでした

 

久田めり

カテゴリー: グリンデルワルト | コメントをどうぞ

ベルニナ鉄道 ループ橋

DSC04971

 

天気:晴れ

最高気温:10度

最低気温:0度

 

みなさんこんにちは。サンモリッツにやってきました!

朝にサンモリッツ湖を散歩しましたが本当に澄んでて気持ちよかったです。

 

さて今日は、、、

DSC04979

 

レーティッシュ鉄道のベルニナ線に乗ってやってきたのは、、、ブルージオ

DSC04980

 

列車好きのお客様と、ブルージオのループ橋を見に来ました。

 

DSC05011

 

これです!

 

橋の全容が見えるところではないので、どこがいいかな、、、と線路の近くのポイントで。

 

列車が来るまでのあいだに、近くにいた牛さんに挨拶を。

DSC04996

 

 

DSC04998

 

ささ、ティラノ方面から列車がやってきましたよ!

 

DSC05002

 

DSC05006

 

 

DSC05009

 

ご満悦♪

 

橋には世界遺産の印もついています。

DSC04992

 

レーティッシュ鉄道 アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観が世界遺産に登録されています。

このベルニナ線は、登山鉄道によくあるラック式を用いないタイプではヨーロッパで最高地点を走ります。オスピツォベルニナ駅で標高2253mにもなります!

 

DSC04984

 

ブルージオの街の教会。

 

ブルージオは観光地ではありませんが、鉄道ファンには堪らない場所かもしれませんね!

このあとグリンデルワルト、ツェルマットとまわりますが、おそらく鉄道シリーズとなります(予告)

 

久田めり

カテゴリー: サンモリッツ | コメントをどうぞ

ツェルマット☆グレイシャーパラダイスとフーリ~ツェルマット

DSC04937

天気:晴れ

最高気温:16度

最低気温:4度

 

みなさんこんにちは。

今日もいい天気!

 

今日は富士山より高い、グレイシャーパラダイスに行ってきました。

 

DSC04935

ここから見るマッターホルンは、いつも見る形と一味違いますね。

DSC04936

 

ちょっと雲に隠れていますが、モンブランも確認できました。

 

DSC04934

 

たまには寒さに凍えつつもシネマラウンジで映像を見てみました。テーマはAir Zermatt

 

DSC04940

 

ガンデッグ小屋も閉まってしまい、すっかり静かになりました。

 

DSC04932

 

トロッケナーシュテークでは雪づくりが急ピッチで進められています。

 

DSC04946

 

新しい3Sバーンの乗り場も、ですね。

 

DSC04947

 

ツェルマットの街が見渡せます。本当に谷の合間にある小さな村ですね。

さて、ホテルはどこかな。

DSC04948

 

 

DSC04952

 

フーリからツェルマットまで歩いて下りることにしました。

途中で出会ったシュバルツナーゼ。珍しくまだ毛刈りされていません。暖かい日向でとろけていました。

 

DSC04955

 

ツムゼーの集落。黄色く色付いた木々が秋らしさを演出しています。

どうやらレストランツムゼーは終わってしまったようなので、ブラッテンへ

 

DSC04956

 

まだここはやっていそうです!

 

DSC04957

 

ここのマッシュルームのスープが美味しいのですが、今日はアンズタケとカリカリロシュティ。

 

ごちそうさまでした。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット☆秋の湖めぐり

DSC04911

天気:晴れ

最高気温:15度

最低気温:1度

 

みなさんこんにちは。素晴らしい快晴のツェルマットです。

 

そろそろ秋も深まってきてカラマツがいい感じに黄色くなっているはず!と、今日は湖めぐりに行ってきました。

すでにブラウヘルトはゴンドラの営業が終了してしまったので、スネガからスタート

 

DSC04912

 

風が穏やかで、ライゼーの逆さはばっちり。

 

DSC04914

 

黄葉がいい色になってきています。

 

DSC04915

 

目的はグリンジゼー!!

いくつか湖はありますが、周りに木のある湖はここだけなのです。

 

DSC04921

雲一つない快晴のお天気に恵まれ、これぞ秋のツェルマット!

 

ここでしばし景色を眺めながら休憩。観光客、ハイカーもかなり減ってきて静かなひと時を楽しめます。

 

DSC04923

 

本当に綺麗な黄色なのですが、それが伝わらないのがもどかしい!

 

DSC04925

 

グリュンゼーはすっかり水量が減ってしまいました。

ここはマッターホルンは映りませんが、オーバーガーベルホルンやチナールロートホルンがきれいですね。

 

DSC04928

 

グリュンゼーからリッフェルアルプまでは林の中で、日陰が多いので数日前に降った雪がまだまだ残っていました。冬ももうすぐそこまで来ているようです。

 

DSC04929

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット, 未分類 | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆メンリッヘンからクライネシャイデック

IMG_3433_R

天気 : 晴れ

最高気温:11℃

最低気温: 6℃

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから河野です。

本日は先ず、メンリッヘン行きのゴンドラに乗って、

IMG_3406_R

標高2225mのメンリッヘンに到着、本日は総勢7名のお客様です。

IMG_3411_R

ここには、色々な遊具もあって、お子様も、

IMG_3408_R

大人の方も楽しめます。

IMG_3409_R

滑り台は、牛さんの舌から飛び出てきますよ。

IMG_3410_R

さて、ハイキングの方をスタート。

IMG_3413_R

朝のうちは、雲に覆われておりました。

IMG_3414_R

少しだけですが、まだ頑張って咲いているお花にも注目していきます。

IMG_3415_R

スタート直後は、頑張って歩かれていましたが、

IMG_3417_R

抱っこ~。

IMG_3423_R

おっと、なんか動物が、カッコいいぞ~。

IMG_3418_R

さて、コース半分程の所で、ちょっと休憩。

IMG_3426_R

ヴェッターホルンが見えてきて、

IMG_3428_R

晴れ間も出てきました。

IMG_3430_R

ユングフラウ三山の方も、メンヒらしきものが見えてきて、

IMG_3427_R

ユングフラウと共に、姿を現してきました。

IMG_3434_R

と言うことで、皆さんをパチリ。

IMG_3429_R

ハイキングの方を再スタートし、アイガーもかなり見えてきました。

IMG_3439_R

この雄大なアイガー、覚えていてくれると嬉しいですね。

IMG_3435_R

メンリッヘンでは、雪も舞っていましたが、お日様も出てきて、気持ちの良いハイキング。

IMG_3441_R

リンドウを見つけて、すかさずパチリ。

IMG_3442_R

アイガーに向かって進んで行き、

IMG_3444_R

美しい山容、シルバーホルンも見えてきました。

IMG_3448_R

いよいよゴールのクライネシャイデック駅が見えてきて、

IMG_3450_R

逆さユングフラウをパチリ、

IMG_3452_R

そして、野生ではありませんが、エーデルワイスもパチリ。

IMG_3453_R

クライネシャイデック駅に到着し、こちらに向かわれたお客様も。

IMG_3449_R

ユングフラウヨッホ、楽しんできて下さいね。

IMG_3457_R

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

スロヴェニア&クロアチアハイキング 世界遺産ドゥブロヴニク城壁歩き

最終日を迎えた今回のツアー。気持ちの良い朝を迎えました。

ホテルのテラスからは大型のクルーズ船が入港する様子がみえました。

IMG_1942

本日はドゥブロヴニクの旧市街を囲む城壁の上を歩いてきました。

IMG_1951

約2km、17世紀の大地震の際にもほとんど被害を受けなかったという堅牢なつくりです。

IMG_1960

レンガ色に統一された屋根が街の美しさを生み出しているようです。

IMG_1978

城壁の上で揺れるクロアチア国旗の下で集合写真。

IMG_1993

城壁の上にはこんな場所もありました

IMG_1997

修道院や教会、周囲のアドリア海なども見えて気持ちの良い歩きです。

IMG_1998

ネコも城壁を散歩中

IMG_2009

今日のランチはシーフード。まずは近郊のストン産のカキ。平たく丸みを帯びた形であっさりとした味わいでした。

IMG_2011

そしてタコのリゾット。これも美味しかったです。

IMG_2012

シーフードプレートはエビやムール貝などボリューム満点です

IMG_2013

ランチ後は市場を散策。フルーツやラベンダーのお店などが並んでいます

IMG_2014

ザクロジュースを飲んでみました。

IMG_2015

その後は旧市街の近くを巡るクルーズへ。

IMG_2017

海洋国家として栄えたドゥブロヴニク、外から来る人にはこんな感じで見えたのでしょうか。

IMG_2024

最終日のディナー、皆様で乾杯!

IMG_2040

エビが添えられた豆のスープ

IMG_2042

そしてビーフステーキ。

IMG_2043

そしてなんといってもチョコレート・ボム!

くだいたブラウニーとベリーの上にホワイトチョコで包まれたアイスクリーム。そこに温かいチョコレートをかけて頂きます。

チョコ好きにはたまらない一品です。

IMG_2049

 

ということで今回の旅もあとは帰国のみ。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

レポートを読んで頂いた皆様、スロヴェニア&クロアチアの良さは伝わりましたか?次回ご一緒しましょう。

 

神﨑 裕一

 

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ