9月23日発 スイス・パッケージBコース ツェルマット③

9月29日

天気:快晴

クラインマッターホルン乗り場の前、今日はあの山の麓を歩きます!

とご案内すると、皆さん元気に指さし確認!!

あれ?お一人ボルトのポーズ、、!?

P9290505

アイスパレスでは座布団で滑る氷のトンネルの滑り台にチャレンジ。

足で漕いでちょっと疲れましたよね、それでも笑顔で出てきてくださいました!

P9290526

 

昨日とは違う大展望を楽しんだ後は本日も真っ青な青空の下、マッターホルングレッシャートレイルのハイキングスタートです。

P9290553

歩くルートが違うと、同じ山でも全く印象が変わります。

私はスネガから見るマッターホルンは穏やかで綺麗だと思いますが、このトレイルから見るマッターホルンは鋭い、少し怖いような印象です。

そして山歩き始めはまだまだこの距離ですが、

P9290568

どんどん近づいて、東壁真下まで来ました。

オーバーテオドール氷河の迫力も圧巻!氷河の形成についても話が弾みましたね。

半分を越えたあたりでの登り。あと少しです!

P9290579

やっとゴールが見えた!

P9290581

と思いきや、まだあと少しあります。

写真の真ん中に小さく見えているのはシュルツゼー。今晩はここに皆様宿泊です。

満点の星空と間近に迫るマッターホルンをお楽しみください。

P9290587

 

トロッケナーシュテックから歩き始めて約2時間30分のトレイルお疲れ様でした。

明日は北壁仰望コースで下山予定です。本日とはまた違うマッターホルンをお楽しみください!

 

長谷川 溪

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

9月23日発 スイス・パッケージBコース ツェルマット②

9月28日

 

天気:快晴

本日も素晴らしお天気に恵まれ、湖めぐりのハイキングスタートです。

一つ目の湖は、、、

P9280438

 

鏡のように映っていますね、写真を逆さにしても分からないのでは?と盛り上がるほどでした。

二つ目は、、、

P9280446

少し風が出てきましたがそれでも映っております。

静かな湖の雰囲気に皆さん「来てよかった~」と仰っていました。

三つ目も、、、ブルーベリーの葉が綺麗に赤く染まる景色を楽しみながら到着です。

P9280466

 

ランチはリッフェルアルプにて。

この時期ならではのジビエ、鹿肉がメニューに出ていましたよ!

栗やお肉のソースも秋ならではの味覚を楽しむことができます。

 

P9280483

 

午後はご希望の方とゴルナーグラート展望台へ。

人も多くないので思う存分、パノラマの景色をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

そういえば。

今日は嘴が黄色いキバシガラスによく出会いました。

P9280493

 

明日はクラインマッターホルンへ出発します!

 

長谷川 溪

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット☆ヘルンリ小屋

DSC03027

天気:晴れ

最高気温:17度

最低気温:5度

みなさんこんにちは。

今日はお客様のご希望でヘルンリ小屋に行ってきました!朝からいいお天気!!

DSC03028

 

シュバルツゼーからモンテローザ、リスカム、ブライトホルン!やや逆光ですが。

 

シュバルツゼーと礼拝堂、オーバーガーベルホルン。

DSC03030

 

ここから登って行きまーす。シュバルツゼーは2583m、ヘルンリ小屋は3260mなので約680mの登りです。

 

DSC03036

歩き出して約10分。だいぶ登ってきました!ミシャベル山群や、リンプフィッシュホルン、アドラーホルン等がきれいに見えます。

 

DSC03037

2760mのヒルリまであがってきました。コースタイムではここから1時間半でヘルンリ小屋です。

 

DSC03041

やや雪が増えてきました。

 

DSC03043

日陰のところはコース上も雪が残っています。まるで冬景色ですね。

 

DSC03047

北側斜面は雪が多いです。それでも今日ヘルンリ小屋まで来ていたハイカーは約30名ほど。

小屋は閉まっていますので、食事もお手洗いもありませんがやはり晴れた日にはこのコースは人気です。

 

DSC03049

 

東側斜面に出るとヘルンリ小屋はもう間近です。そしてマッターホルンの大迫力!!

 

DSC03052

歩き始めて約2時間でヘルンリ小屋に到着しました!結構速いタイムで着けましたね。

 

さらに登ってとりつきまで行きました。

DSC03062

雪道です。さらさらの雪だったので、昨日の雪でしょうか。

 

DSC03061

マッターホルンにはここから登って行きます。最初から垂直の壁!!!

 

DSC03060

 

 

小屋の近くから見るマッターホルン。

すぐに手が届きそうで、またここから見るとちょっと行けばマッターホルンに登頂できそうに見えます。不思議。

この迫力が写真では伝わらないのが残念です。。。足に自信のある方はぜひ、ヘルンリ小屋までいらしてください!といっても、もう少し早い時期、小屋がオープンしていてコンディションのいい時期がお勧めです。

 

DSC03055

珍しくパノラマ写真を撮ってみました。普段撮らない私が取りたくなるくらい?!素敵な景色でした。

 

ヘルンリ小屋までのルートは降雪やコンディション次第で危険になります。特に北斜面の下りは日陰になっており、雪が滑りやすくなりますので、安全に注意し無理を決してなさらないようお気を付けください。

 

久田めり

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

9月23日発 スイス・パッケージBコース ツェルマット①

9月27日

天気:曇り(ミューレン)→晴れ(シーニゲプラッテ)

本日は予報では曇り&雷。

なんとか雨に降られずにと願い、向かうと、、、、

シーニゲプラッテ到着後なんと晴れました!

P9270352

P9270372

自称、他称共に晴れ男のMさん。力を発揮していただき有難うございます!

P9270374

 

列車到着時にお出迎えのアルプホルン奏者の方々が、帰り際の私たちに向かって演奏してくれました!親切なお二人の心遣いで、スイスらしい響きを間近で2曲も聞くことができました。

P9270390

 

駅前にはラックレールの実物が展示されています。

今回皆さんが乗車してきた登山鉄道はそれぞれ何式だったのでしょうか!?

P9270397

 

 

シーニゲプラッテの軽いハイキング後、ツェルマットへ移動します。

残すところあと3泊も晴れますように!

 

長谷川 溪

 

 

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

9月23日発 スイス・パッケージBコース ミューレン③

9月26日

天気:晴れ

今日はラウターブルンネンからバスでイーゼンフル―まで移動し、このレトロな8人乗りのゴンドラでズルワルトまで一気に上がります。

P9260237

自分で開閉するゴンドラに皆さんも少し興奮気味でした。

P9260240

 

 

歩き始めは舗装されていますが、徐々に樹林帯に入ってゆきます。

今までのハイキングルートとは少し違うような、途中までは木々の間を進む登りのコースから始まります。

今日はどんな景色が見えるのかしら?期待を胸にハイキングスタートです。

P9260245

 

歩いている途中、またしても牛さんとご対面。人も牛さんも同じ道を通ります。

P9260259

 

見つけられたお花の一つをご紹介します。

ゲンティアナ↓ 鮮やかな青い花弁が綺麗でした。

P9260265

 

 

 

 

樹林帯を抜けると、、、こんな景色が待っていました!

昨日とはまた違った三山の眺めに感動ですね。

距離感・大きさ・角度など歩く場所によって、山々の違う表情を楽しめるところが大きな魅力です。
P9260308

ロープホルン小屋に到着、ランチは三山を背にお肉の盛り合わせと新鮮なアルペンチーズでした。

P9260277

 

ランチの後は景色を楽しみながら下山です。

ロープホルン小屋ハイキング、お楽しみいただけましたでしょうか?

 

P9260289

Bコースのご旅行はちょうど折り返し地点です。

後半もお楽しみに!

 

長谷川 溪

 

 

 

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

エンガディン★コンディションレポート

エンガディンエリア コンディションレポート

2016年9月25日

天候:快晴

最高気温 12度

最低気温 06度

報告者 吉原

 

主なロープウェイ・ケーブルカー運行時間:

1.Diavolezza展望台

08:20-17:00、毎20分おき運行。

2.Muottas Muragl展望台

7:45-23:00、毎30分おき運行。

3.Piz Neil展望台:

8:20-16:50、毎30分おき運行。(ふもとから頂上までの通し運行時間)

※途中駅までは、毎20分おき運行。

4.Corvatsch展望台:

8:25-16:57、毎20分おき運行。(ふもとから頂上までの通し運行時間)

※途中駅Murtelの最終下りは17:05

5.Furtschellas

8:30-17:05

 

主なハイキングコースの状況:

1.Muottas Muragl~Alp Languard

問題なし。セガンティーニ小屋コース、パラダイス小屋も問題なし。

2.Ospizio Bernina~Alp Grum

特に問題なし。

3.Murtel~Surlej峠

問題なしも、標高が高いため気温も低め。

4.Furtschellas~Fex谷

Hotel Fex方面に降りていく道は、落石にて一部通行止めになっていますので、迂回する必要があります。

 

他、留意事項など:

森も山もすっかり秋の雰囲気になってきました。カラマツの色づきはまだ一部ですが、ブルーベリーの茂みなどは真っ赤に染まって綺麗です。9月になると天気も安定し、観光客も減って来るので、実はまだまだハイキングにはお勧めの時期。冬ごもりに備えて忙しいリスや鹿との遭遇率も高いですよ。

 

現在みられる花:

マンテマ、イブキジャコウソウ、アザミ、ヤグルマギク、ホタルブクロ、ウメバチソウ、ゲンチアナ(一部エリアにて)

おまけのつぶやき:
画像は、iPhone5sで撮影、修正なし。
いやぁ、iPhoneのカメラ能力には恐れ入ります。

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆秋晴れ

DSC02985

天気:晴れ

最高気温:18度

最低気温:7度

 

みなさんこんにちは!素晴らしい秋晴れのグリンデルワルトです。

朝の爽やかなアイガー!

 

今日は、グローセシャイデックからフィルストまでのハイキングにご案内。

まずはグローセシャイデックまではバスで向かいます。このバスは途中で乗り換えてマイリンゲンまで行くことができます!!バス旅もいいですね

DSC02990

 

バスで1000m弱登ってきましたのでちょっぴりヒンヤリとしていました。日中は暑くなりますがやはり朝晩は冷えてきました。

DSC02992

グローセシャイデックのホテルでお手洗いをお借りし(1フラン)、いざ出発。

 

目指す先はこちら、フィルスト。

DSC02994

 

DSC02995

アイガーのナイフリッジが良く見えるポイントです。

 

コース上は、さすがグリンデルワルト。ツェルマットと比べるとまだまだお花が咲いていますね。

DSC02998どうしてこんな時期に?!なスミレちゃん。

DSC03004

エリカとブルーベリー。ブルーベリーの実はたくさんついていますし、そして一つ一つが大きい!

 

リンドウもたくさん咲いていて、種類も豊富でした。

DSC03011  DSC03012


DSC03013  DSC03015

 

 

 

こちらも少しずつ葉が色づき始めています。

DSC03000

 

 

フィルスト到着後、お茶休憩を挟み、そのあとご主人は念願のフィルストフライヤーに挑戦!!

DSC03021

安全のためしっかりベルトを締めて、いってらっしゃーい!!

DSC03020

 

あっという間に終わってしまいますが、気持ちいい空中散歩です!

お天気のいい日にぜひ挑戦してみてくださいね!

 

そこからはゴンドラでくだってきましたが、マウンテンカートやトロッティバイクといった様々なアクティビティがあります。

 

DSC03016

 

久田めり

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

コンディションレポート☆グリンデルワルト

天気:雨  最高気温:18℃ 最低気温:7℃

日の出時刻: 07時 24分 日の入時刻: 1913

報告者:久田芽里

 

<フィルスト/バッハアルプゼー/グローセシャイデック/ブスアルプ方面>

○フィルスト~バッハアルプゼー○ オープン 

○フィルスト~バッハアルプゼー~ヴァルトシュピッツ○ オープン 

○フィルスト~ヒレレニ~ブスアルプ○ オープン 

○フィルスト~ファールホルン~ブスアルプ○ オープン 

 

【ゴンドラ運行時間】

9/1210/23 グリンデルワルト~フィルスト 運行時間8:3017:00

フィルストフライヤー フィルスト~シュレックフィールド間 10:0016:30

 

○グローセシャイデック~フィルスト○ オープン

○グローセシャイデック~ホルンゼーリ~シュヴァルツヴァルトアルプ○ オープン

 

【バス運行時間】

グリンデルワルト駅バスターミナル → グローセシャイデック

8時~16時台 毎時44分発です。 10時台は14分発もございます。

グローセシャイデック → グリンデルワルト駅バスターミナル

9時~17時台 毎時43分発です。 15時台は13分発もございます。

 シュヴァルツヴァルトアルプ → グリンデルワルト駅バスターミナル

9時~17時まで毎時20発です。

 

<クライネシャイデック/メンリッヘン/ウェンゲンアルプ/モレーン方面>

 

○ユングフラウヨッホ~メンヒスヨッホヒュッテ○ オープン

標高3454m~3650mの雪道です。 整備されていますのでハイキングシューズであれば行くことは可能です。雪の風景に囲まれたコースです。見晴らしが良い日に行くことをお勧めします。 道を外れればクレバスもあり、危険です。 

○アイガーグレッチャー~アルピグレンの北壁直下○ オープン

○アイガーグレッチャー~モレーン○ オープン 

○クライネシャイデック~アルピグレン○ オープン

○メンリッヘン~クライネシャイデック○ オープン

 

【ゴンドラ運行時間】

9/1910/23 グリンデルワルト→メンリッヒェン 8301630

          メンリッヒェン→グリンデルワルト 8301700

 

【ロープウェイ運行時間】

9/2410/23 ウェンゲン→メンリッヒェン 8301650 20分間隔

         メンリッヒェン→ウェンゲン 8301710 20分間隔

 

○クライネシャイデック~ウェンゲンアルプ○  オープン

 

【列車運行時間】

ウェンゲンアルプ→クライネシャイデック 7時~16時まで毎時10分、40分 17時と18時は09分のみ

ウェンゲンアルプ→ラウターブルンネン 8時~17時まで毎時09分、39分 18391909

 

<シルトホルン・ミューレン方面>

 

○ビルク~グラウゼーリ○ オープン 

シルトホルン・ピッツ・グロリア回転展望レストランは通常通りOPENしています。

 

【ロープウェイ運行時間】

シュテッケルベルク ~ シルトホルン 725 ~ 1825  30分間隔

1755はミューレン止まりです。

シルトホルン ~ シュテッケルベルク 833 ~ 1803  30分間隔

1733は運行しておりません。

 

○マウンテンビュ-トレイル、ノ-スフェイストレイル、ブルーメンタール、アルメントフ-ベル○ いずれもオープンしています。

 

【アルメントフーベルケーブルカー運行時間】

ミューレン  アルメントフーベル  9001700 20分間隔

 

○ズルヴァルト~ロブホルンヒュッテ~グリュッチェアルプ○ オープン

 

【バス運行時間】 7/210/16

ラウターブルンネン → イーゼンフルー

月~金 740分 月~日835分、935分、1205分、1335

イーゼンフルー → ラウターブルンネン

1313分、1513分、1613分、1713

 

 <季節のお花>

リンドウ、キンポウゲ、レースフラワー各種、シラタマソウ、マツムシソウ、ホタルブクロ、アザミ、アストランティア、コゴメグサ、ウメバチソウ、トリカブト、ラン、ノコギリソウ、タンポポ、キオン、ヤナギランなど

 

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

9月23日発 スイス・パッケージBコース ミューレン②

9月25日

天気:曇り(シルトホルン)→晴れ(アルメントフーベル)

 

まずは有名なシルトホルン展望台へご案内です。

P9250114

 

展望台の外には007のキャストの手形やプロフィールがあり、映画好きの方にはたまりません!映画好きでなくても、つい手形と自分の手を合わせてみたくなりますよ。

P9250117

ちょっと面白いお手洗い、、、

詳細は割愛させて頂きますが、気になる方は是非シルトホルン展望台へ行ってみてくださいね。

P9250127

 

午後はアルメントフーベルからノースフェイストレイルのハイキングをスタート。

チシマリンドウと、

P9250151

こんな時期にキンポウゲ↓が咲いていました!
P9250143

 

P9250204

牛さんたちの間をすり抜けながら下って行きました。

P9250227

 

曇ったり晴れたり様々なお天気模様でしたが雨に降られることなく1日終了、お疲れ様でした!

明日はロープホルン小屋へのハイキングです。お楽しみに!

 

長谷川 溪

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ

9月23日発 パッケ-ジ・スイスBコ-ス ミューレン①

9月24日

天気:快晴

 

昨日チューリッヒに到着した皆さんと、ユングフラウ三山を望むミューレンに移動します。
移動の疲れを吹き飛ばすような、気持ち良いお天気が私たちを迎えてくれました。

P9240026

移動途中でクライネシャイデック~ウェンゲンアルプののんびりハイキング。

の前に、クライネシャイデックのレストランEIGERNORDWANDでお昼です。

P9240040

テラスで三山を見ながらのランチに皆さん大満足されていらっしゃいました。

P9240035

お腹と心が満たされたところで、のんびりハイキングスタート。
秋のお花を探しながら和気藹々と、約50分でウェンゲンアルプに到着しました。

P9240071

 

P9240078

今晩からミューレンに3泊してユングフラウ地方のハイキングを楽しみます。
明日も晴れますように!

 

長谷川 溪

カテゴリー: スイス | コメントをどうぞ