8/20発アオスタCコース プラトーローザ展望とチェルヴィーノ展望ハイキング

本日からツールドモンテローザのハイライトを歩くアオスタCコースの様子をお届けします。初日の今朝はチェルヴィニアの街からチェルヴィーノ(マッターホルン)がきれいに見えました。

IMG_9112

ホテルのロビーからもこんな感じで見えます。

IMG_9120

今回は8名様でのツアー。今回最初の集合写真

IMG_9128

ゴンドラを乗り継ぎ、プラトーローザへ向かいます

IMG_9129

うっすら逆さモンテチェルヴィーノ

IMG_9131

3500m近い標高のプラトーローザからはモンブランも見えました

IMG_9135

クラインマッターホルンや氷河エリアのスキー場も見え、クレバスの様子もよくわかりました。スキー場は結構賑わっていて、新潟からきている人たちもいました。

IMG_9136

さらにはユングフラウ方面やミシャベル山群も。今回の旅の最後はミシャベル山群の裏側サースフェーです。

IMG_9139

マッターホルンからヴァイスホルンにかけてのヴァリスアルプスをバックに

IMG_9147

本日のハイキングはゴンドラの中間駅、プランメゾンからチェルヴィニアを目指します

IMG_9155

8月も後半ですがまだ花も残っていました。こんなキキョウや

IMG_9151

リンドウ、

IMG_9157

魔女の爪もありました!

IMG_9158

天気が良いので景色を眺めてのピクニックランチ

IMG_9168

反対側にはダム湖のゴイレット湖が見えます

IMG_9171

ランチ後は湖の近くを歩き、チェルヴィニアの街まで下ります。途中ウンランの花を発見

IMG_9174

ダム建設時に活躍したであろうケーブル跡

IMG_9175

標高が下がってくるとヤナギランの群生もありました

IMG_9177

夕方はチェルヴィニアの街の散策タイム

IMG_9179

こんなモンテチェルヴィーノTシャツも売ってます。ここでしか買えないこんなお土産がお勧めですね

IMG_9181

 

天気予報が外れて雨には降られずに1日目を終えました。明日もいい方に外れますように・・・

 

神﨑 裕一

カテゴリー: アオスタ, イタリア | コメントをどうぞ

ツェルマット☆ゆったりゴルナーグラートからステリーゼーへ

 

最高気温 17℃

最低気温 11℃

天気 晴れ時々曇り

 

 

こんにちは!!本日はハネムーンのお客様 S様ご夫婦とプライベート1日ガイドでゴルナーグラート展望台から、ローテンボーデン、リッフェルベルク間をハイキングし、その後ステリーゼーへ行ってきました

 

 

ハネムーン旅行をアルプスウェイでお申込みいただくと、プライベートの1日ガイドがつきます!!お好きなところをガイド致しますよ!!

 

P8210182

 

 

まずは8時48分の電車で、ゴルナーグラートへと向かいます

 

朝は、雲がかかって見えていなかったマッターホルンも電車に乗るころには見え始め、雲海を見ながら上がって行きました

 

雲海ってきれいですよね~

 

P8210191

 

展望台からは、全ての山に雲がかからず、きれいに見えていましたよ

 

氷河の迫力すごいですよね

 

P8210197

 

全体が写真に納まりきりません

 

パノラマ機能の付いたカメラをお持ちの方は、是非ご持参ください!!

 

P8210214

 

 

マッターホルンもきれいに見えてましたね~

 

P8210208

 

 

雲海が幻想的です

 

 

 

P8210218

 

ゴルナーグラートのお土産物屋さんで販売しているチョコレートです

 

展望台から見える山の写真と、標高、名前がのっていて、これは山好きなら見飽きないチョコレートのはず!お土産にいかがでしょう

 

 

P8210219

 

こちらはマッターホルンの形をしたチョコレート

1つ1フランで売ってますよ~

 

色んな味があります

 

P8210222

 

マッターホルンの形のチョコレートと、マッターホルンを一緒に

 

 

景色を堪能した後は、再びゴルナーグラート鉄道に乗り一駅下のローテンボーデンへ

そこから、逆さマッターホルンが見える有名な湖 リッフェルゼーを見にハイキングです

 

 

 

P8210228

 

 

午前中はほぼ風も無く、完璧な逆さマッターホルンが!!

左側の岩山はリッフェルホルン

こちらもマッターホルンのテスト登山の一つで、本日も登っている人がいました

 

 

P8210238

 

リッフェルゼー

 

実はリッフェルゼーからリッフェルベルクに下るハイキングコースにもう一つ湖があります

 

 

P8210254

 

それがこちら

ウンターリッフェルゼー

 

実はこちらの方が人も少なくて静かですし、逆さが綺麗に映るのです

 

 

P8210259

 

完璧な逆さマッターホルン

 

P8210267

 

ただ美しく、見入ってしまいますね

 

P8210242

 

マッターホルンを毎日見ていても、やはり存在感あります

 

昨日の雨でだいぶ、雪が付きましたね

マッターホルンの登山もしばらくは様子見でしょうか

 

 

リッフェルベルクまで約1時間半のハイキングをして、ゴルナーグラート鉄道に再び乗車し、ツェルマットの町へ下ります

 

そして、お昼の部、ステリーゼーへ

お腹もすいたので、ツェルマットより地下ケーブルでスネガへ上がりランチタイム

 

P8210277

 

外のテラス席からは、マッターホルンが綺麗に見えますし、マッターホルンを見ながら食事ができます

 

私達は、テラス席のマッターホルンビューの席でお昼ご飯を食べました!!

 

スネガのレストランはセルフサービスなので、好きなものを自分で取って食べられます

私は、今日はソーセージとフライドポテトにオニオンソースをかけたものをチョイスしました

 

食事の後は、スネガよりゴンドラに乗車しブラウヘルトへ

 

そちらから、ステリーゼーまで片道約40分のハイキングです

 

P8210283

 

こちらがステリーゼーです

少し風が出てきて、湖面がなみうっていました

 

P8210293

 

 

午後になるとマッターホルンも、雲に見え隠れし始めました

 

 

P8210304

 

 

やはりここからのマッターホルンの形が一番きれいだと思う

 

 

P8210295

 

 

逆さはうつりませんでしたが、静かなステリーゼーに見入ってしまいます

 

 

P8210310

 

こちらはシュバルツナーゼ

 

ステリーゼーからブラウヘルトの駅に戻ってきたら、大群で日影でお休みしていました

 

最近のツェルマットは気温も低くなってきて、もう夏も終わり秋になって来たな~という感じですが、シュバルツナーゼちゃんたちの着ている上着は、まだまだ大分厚いようですね

 

 

本日は絶景を一日かけてゆっくり見る、贅沢コースでしたね!!楽しんでいただけましたでしょうか!?

 

是非またツェルマットにハイキングしにいらしてください

たくさんのハイキングコースを案内させて頂きますよ!

 

 

刑部みすず

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット☆コンディションレポート

 

P8180146

天気:晴れ

最高気温:24 ℃ 最低気温:13℃

日の出時刻:6時 35分 / 日の入時刻:20時29分

報告者:刑部美鈴

 

<ゴルナーグラートエリア>

□上り 始発07:00発 -最終18:24発(6/15-09/29) 約24分間隔で運行。所要約33分。8時台の混雑も大分緩和されてきました

6/27 – 9/22は最終19:24

□下り 始発07:35発 -最終19:18発(6/15-09/29) 約24分間隔で運行。所要約44分。

6/27 – 9/22は最終20:07

 

 

<スネガエリア>

□ツェルマット-スネガケーブル

08:30-17:20 10-20分間隔で運行。(5/30-6/28、9/09-10/13)

08:00-18:00 10-20分間隔で運行。(6/29-9/8)

□スネガ-ブラウへルド

08:40-16:30 (6/15-6/28、9/09-9/29)

08:10-17:00 (6/29-9/8)

□ブラウへルド-ロートホルン

この夏は運休です。

 

 

<クラインマッターホルンエリア>

□ツェルマット-フーリー

08:30-16:45  (5/2-6/21、8/20-10/14)

06:30-17:50  (6/30-8/19)

 

□フーリー-シュバルツゼー

08:40-16:30  (6/22-6/28)

08:00-16:30  (6/29-8/18)

 

□フーリー-リッフェルベルク

08:30-16:30  (6/29-8/18)

 

□シュバルツゼー-トロッケナーシュテック

08:50-16:15  (6/22-6/28)

08:10-16:30  (6/29-8/18)

 

□トロッケナーシュテック-マッターホルングレイシャーパラダイス

09:00-16:00  (5/02-6/21)

09:00-16:00  (6/22-6/28)

07:00-16:15  (6/29-08/18)

09.00-16.15        (8/19-10/13)

 

 

□フーリー-トロッケナーシュテック

08:40-16:15  (5/02-6/21)

06:45-08:00  (6/29-8/18)

08:50-16:30  (8/19-10/13)

 

ツェルマットよりエーデルワイスヒュッテ、トリフト小屋の道ですが、現在通常通りお通り頂けます

 

P8180138

 

◎主に咲いている花◎

タンポポ、キンポウゲ、キンバイソウ、チョウノスケソウ、ミヤマツリガネソウ、ホタルブクロ、ワスレナグサ、トウダイグサ、リンドウ、オクエゾガラガラ、オキナグサ、ミヤコグサ、クワガタソウ、イブキジャコウソウ、エーデルワイス、バニララン、コケマンテマ、クモノスバンダイソウ、ワタスゲ、ナデシコ、サクラソウ、キジムシロなど。

カテゴリー: コンディションレポート, スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット☆ゴルナーグラートよりローテンボーデンへ

 

 

 

 

 

最高気温 24度

最低気温 13度

天気 晴れ

 

 

こんにちは!!

本日も快晴のツェルマットです

朝からマッターホルンもきれいに見え、最高の朝を迎えました

 

P8180091

 

まずはこちらのゴルナーグラート鉄道に乗って、ゴルナーグラート展望台へ向かいました

 

P8180094

 

マッターホルンも朝からこの通り綺麗に見えております

 

P8180099

 

今日は、ゴルナーグラート展望台へ行った後に、氷河を見ながらローテンボーデンまで歩きます

 

P8180104

 

十年ほど前に登られたというブライトホルンをバックに

とっても仲良しのMご夫婦

 

やり取りを見ていると、とっても仲良しなのが伝わってくるのです

 

P8180101

 

こちらはゴルナーグラートにあるマッターホルンの標高と同じ重さのチョコレート

良く見ると、金額が書いてある。。。。買っても、持ち帰るのが大変よね

 

P8180108

 

快晴の展望台で景色を楽しんだ後は、こちらの氷河を近くに見ながら歩けるハイキングコースへ

 

P8180115

 

リンドウ

そしてコゴメグサがたくさん咲いていました

まだまだお花も咲いています

 

P8180120

 

歩きはじめが、結構急なので足元に十分注意しながら歩きます

坂を半分くらい下ったところで、マッターホルンが見えてきました

 

P8180128

 

実はゴルナーグラートから下るこちらのコースは、青色のエキスパートコース

 

経験者と、それなりの装備を持った方しか、おススメできないコースです

 

こちらの分岐をまがると、モンテローザヒュッテへ

 

モンテローザヒュッテまでは氷河の上を歩くので、一般の登山者のハイキングでは、おススメは出来ません

山岳のガイドさんにお願いして一緒に行きましょう

 

P8180127

 

かなり小さいですが、写真のちょうど真ん中にモンテローザヒュッテがうつっています。

分かるかな~

モダンな小屋としても有名なモンテローザヒュッテ

一度は訪れてみたい小屋の一つです

P8180124

 

急な下りを終えると、このように氷河が近くに見えます

後はこちらの氷河を見ながら、ローテンボーデンまでは緩やかに登って行きます

 

こちらの写真にはうつっていませんが、今日は氷河の上を歩いているパーティーが2組ほどありました。

蟻のように小さな人間が動いているのがみえましたよ~

 

P8180135

 

上り坂、少しきついですが、登って行くとリッフェルホルンと、マッターホルンが見えてきます

 

今日はなかなかの強風

 

氷河からの風がかなり冷たかったです

 

P8180143

 

笑顔がとっても素敵です

常に笑顔でいらっしゃるE様

私も見習わないとですね!

 

リッフェルゼーまではあと少し!!

 

 

P8180154

 

ここの場所、人も少なくってなかなかよい!!

マッターホルンもきれいに見えます

 

P8180160

 

今日は風がなかなか強かったのですが、下まで下るとこんな感じで逆さマッターホルンが見えました!!

 

ワタスゲも、一緒に写真に納まってなかなか良い写真です

 

お昼時になりましたので、リッフェルアルプまで下り、そちらでランチタイムにしました

 

P8180177

 

ビーフバーガー

ビーフたっぷりです!!

景色も抜群なこちらのレストラン

私個人的におすすめです

 

本日も楽しんでいただけましたでしょうか!?

風が少し強く、そして出だしが急でしたが、普段から山が好きで歩いていらっしゃるので、とってもお元気で、そんなのなんのそのでしたね!

 

山が生きがい!とのMご夫婦

これからも末永く山を楽しんでいってくださいね

また日本でもスイスでもガイドさせて頂きたいと思いました!!

 

ご参加ありがとうございました!

 

それではまた!!

 

刑部みすず

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルトコンディションレポート

グリンデルワルトコンディションレポート

天気 : はれ  最高気温 : 16℃ 最低気温 : 9℃

日の出時刻 : 6時36分 日の入時刻 : 20時26分

報告者 : 養老 智子

<クライネシャイデック/メンリッヘン/ウェンゲンアルプ/モレーン方面>

○ユングフラウヨッホ~メンヒスヨッホヒュッテ○

標高3454m~3650mの雪道です。整備されていますのでハイキングシューズであれば行くことは可能です。雪の風景に囲まれたコースですので、見晴らしが良い日のみ行くことをお勧めします。道を外れればクレバスもあるので危険も時として伴います。

○クライネシャイデック~アルピグレン○         オープンしています。

○アルピグレン~グリンデルワルト○           オープンしています。

○アイガーグレッチャー~アルピグレンの北壁直下○    オープンしています。

○アイガーグレッチャー~モレーン○           オープンしています。

○メンリッヘン~クライネシャイデック○          オープンしています。

○メンリッヘン~アルピグレン○               オープンしています。

○クライネシャイデック~ウェンゲンアルプ○       オープンしています。

○ウェンゲンアルプ~ウェンゲン○             オープンしています。

ゴンドラ運行時間

6/16~12/13  グルント→メンリッヒェン V-BHAN建設中により、クローズしています。

      メンリッヒェン→グルント V-BHAN建設中により、クローズしています。

      代替えバスがグリンデルワルトより1時間に一本9時より出ています。

ロープウェイ運行時間

7/1~9/15 ウェンゲン→メンリッヒェン 8:30~17:10 20分間隔

        メンリッヒェン→ウェンゲン 8:30~17:30 20分間隔

列車運行時間

ウェンゲンアルプ→クライネシャイデック 7時40分、8時~19時まで毎時10分、40分、19時10分

ウェンゲンアルプ→ラウターブルンネン 8時~19時台まで毎時09分、39分

<フィルスト/バッハアルプゼー/グローセシャイデック/ブスアルプ方面>

○グローセシャイデック~フィルスト○   オープンしています。

○グローセシャイデック~ホルンゼーリ~シュヴァルツヴァルトアルプ○   オープンしています。

○フィルスト~バッハアルプゼー○     オープンしています。

○フィルスト~バッハアルプゼー~ヴァルトシュピッツ○ オープンしています。

○フィルスト~ヒレレニ~ブスアルプ○   オープンしています。

○フィルスト~ファールホルン~ブスアルプ○   オープンしています。

ゴンドラ運行時間

6/16~10/27 グリンデルワルト~フィルスト 8:30~17:00まで運行しています。

フィルストフライヤ-

フィルスト~シュレックフィールド間

6/22~9/1 10:00~17:30

バス運行時間

グリンデルワルト駅バスターミナル→グローセシャイデック

8時~16時台 毎時4分発です。 9時台は34分発もございます。

グローセシャイデック→グリンデルワルト駅バスターミナル

9時~17時台 毎時23分発です。 14時台は53分発もございます。

ブスアルプ→グリンデルワルト駅バスターミナル

9:20、10:25、11:30、13:25、14:30、15:35、16:40、17:45

ヴァルトシュピッツ→グリンデルワルト駅バスターミナル

11:20、13:50、16:30

シュヴァルツヴァルトアルプ→グリンデルワルト駅バスターミナル

9:03、10:03、11:03、12:03、14:03、15:03、16:03、17:03

<シルトホルン・ミューレン方面>

○ビルク~グラウゼーリ○   オープンしています。

シルトホルン・ピッツ・グロリア回転展望レストランは通常通りオープンしています。

ロープウェイ運行時間

シュテッヘルベルク~シルトホルン 7時台~16時台 30分間隔

シュテッヘルベルク発 毎時25分 または 55分、最終16:25

シルトホルン発 8:33、毎時03分 または 33分、最終17:55

※混雑時は増便があります。

アルメントフーベルケーブルカー運行時間

ミューレン ⇋ アルメントフーベル  9:00~17:00 15分間隔

○マウンテンビュ-・トレイル、ノ-スフェイス・トレイル、ブルメンタールパノラマ・トレイル○ オープンしています。

○アルメントフ-ベル○ オープンしています。

○ズルヴァルト~ロブホルンヒュッテ~グリュッチェアルプ○   オープンしています。

バス運行時間

ラウターブルンネン→イーゼンフルー

月~金 7:40 月~日 8:35、9:35、12:05、13:35、15:35、16:35、17:35、18:35

イーゼンフルー→ラウターブルンネン

月~金 7:10 月~日 8:03、9:13、11:13、13:13、15:13、16:13、17:13、18:13

<季節のお花>

キンポウゲ、レースフラワー各種、キク科各種、リンドウ、オクエゾガラガラソウ、アンティリス・ブルネラリア、セイヨウタンポポ、シラタマソウ、アザミ、タマシャジン、マツムシソウ、セリ科、ヤグルマギク、シャジクソウ、イブキトラノオ、ノコギリソウ、ベンケイソウ、ハクサンチドリ、ギシギシ、イブキトラノオ、カラマツソウ、ヤナギラン、セイヨウノコギリソウ、ミミナグサ、ユキノシタ、クワガタソウ、アリストティリス・アリアリアエ、ホタルブクロ、ミヤマツリガネソウ、ゴマノハグサ、ウツボグサ、ワスレナグサ、フウロソウ、カラフトゲンゲ、アザミ、ミヤコグサ、トウダイグサ、ヒメハギ、トリカブト、イヌバラ、オドリコソウ、シオガマギク、コケマンテマ、オノブリキス、イブキジャコウソウ、オミナエシ、ウンラン、エフデタンポポ、バニララン、コゴメグサなど

DSC00509

カテゴリー: グリンデルワルト, コンディションレポート | コメントをどうぞ

ツェルマット:湖巡りコースへ

みなさま、こんにちは。

今日はいつもの湖巡りコースのアレンジバージョンをご案内して参りました。

まずはスネガにて。気温も程よく、雲が上空に少し出ていたおかげで暑くなく、最高のハイキング日和となりました。
DSC_2476

そしてブラウヘルドへ。ブライトホルンもきれいに見えます。
DSC_2479

旦那様とは一旦ここでお別れし、このあとステリーゼーに向かいます。
DSC_2482

とても穏やかな朝です。
DSC_2484

出発をゆっくりな時間にしたため、我々が到着した10時過ぎには多くの人で賑わっていました。
DSC_2485

DSC_2487

2つ目の湖、グリンジゼーへは下らず、途中のトラバースコースにてスネガのほうへ向かいます。
すぐに絶景ベンチがあり、ここで1枚!
DSC_2489

いつもは湖まで下るのですが、今日はその上からのお写真です。
DSC_2490

DSC_2492

DSC_2494

グリンジゼーは案外縦長の形をしているのですね~
DSC_2495

この後、スネガまで続く高度感のあるパノラマコースをしばらく歩き、、ライゼーに到着です。
DSC_2496

スネガで早めのランチをして、今日は解散となりました!

コンパクトにスネガを歩きたい、高度感のある道を歩きたい、という方にはおすすめのコースです。道も歩きやすく、帰りはスネガから地下ケーブルで町に戻ることができます。

今日は短くなりましたが、以上です!

北園

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆メンリッヘン~クライネシャデック

おはようございます!!

IMG_20190816_084312

今朝もさわやかな風がグリンデルワルトの町を吹きぬけています。本日のハイキングは、まずメンリッヘンまでバスで上りクライネシャイデックにむけて歩きます。バスを待つ間もアイガーの雄姿が私達の一日の始まりを祝福してくれます。

IMG_20190816_084546

今年はVバーンの工事でメンリッヘンまでのゴンドラは運行していません。約50分の山道をバスがクネクネ道を登ってくれます。

IMG_20190816_093918

メンリッヘン駅でバスを降りると、多少の雲があるものの、山々も谷の向こう側に見えるミューレンの村もくっきりと美しいです。

IMG_20190816_095733

さあ、歩きましょう。

IMG_20190816_102532

グリンデルワルトの町を眼下に、アイガー北壁を眼前に道は続きます。 崖下に引き込まれないよう、しばしば壁伝いに歩きます。

IMG_20190816_103154

落石注意!耳をすませて進みます。

IMG_20190816_104433

景色も変わり、視界が開けます。

ヴェッターホルン、メッテンベルグ、そしてグリンデルワルトの谷を背景に。

IMG_20190816_110656

ユングフラウ山群を目の前に、心が躍り、足取りも軽やかになりました。ときおり、雲が頭上すれすれまでおりてきます。 雲が流れて、山の頂きを見せては隠し、なんともじれったい・・・

IMG_20190816_111532 IMG_20190816_111656

かくれては覗く太陽の日差しに氷河を抱く山々は美しく輝いています。

IMG_20190816_114427

アイガー北壁も雲がぬけて全面が姿を現してきました。

IMG_20190816_114621 IMG_20190816_114751

クライネシャイデックが見えてきました。午後の行程を案ずる前にまずは腹ごしらえ。

山岳レストランの特性スープはとても美味しい。

IMG_20190816_121442

そして、レストランの展望台から。

IMG_20190816_123728

クライネシャイデック駅まで降りると、つぎに待っているのはユングフラウ鉄道です。ユングフラウヨッホへ向かって出発です。

IMG_20190816_124502

この後、空はすっきりと晴れわたり、スフィンクス展望台からの景色も素晴らしかったことでしょう。

記 いしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット:快晴の湖巡りコース

みなさま、こんにちは。

今日は久しぶりのザ「快晴」となりました。お客様2名様を湖巡りコースへとご案内いたしました。

DSC_2453

スネガに到着すると、素晴らしい景色が広がっています。
DSC_2439

さて、歩き出しはブラウヘルドからです。
予定より1本早い地下ケーブルに乗車できたため、早いスタートをすることができました。

途中、数少ないエーデルワイスも観察することができました。
DSC_2442

ステリーゼーに到着。ぐるっと回って湖の端まで移動します。対岸のハイカー達まで美しく逆さ状態になっています。
DSC_2447

そして今日の逆さマッターホルンは100点です!
DSC_2448

風も無く、快晴でした!
DSC_2450

もう一枚!
DSC_2453

ここで少し休憩後、2つ目の湖に向かって足を進めます。
途中、マーモットが多く出没するエリアには多くのお花も咲いています。
DSC_2458

しばらく歩くと・・・ グリンジゼーに到着です。私はここからのアングルが好きです。
DSC_2461

そして湖畔はこのような状態。癒されますね。
DSC_2463

そして、谷を渡ります。今日は水量が多かったです。
DSC_2465

3つ目の湖を過ぎ、森林帯に入ります。するとガレ場があります。
でもとても歩きやすいです。
DSC_2469

進行方向右手には、スネガやブラウヘルドも手に取るように見ることができます。
DSC_2470

そして最後のお写真は、私にとってのご神木にツリーハグするお客様です!何をお願いしたのでしょうか~
DSC_2471

その後、リッフェルアルプまで歩いて終了となりました。

2日間ご一緒させていただきましたが、とても楽しかったです!
ぜひ、またアルプスウェイでお越しいただけることをお待ちしております。

北園

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

ミューレン☆ブルーメンタール

おはようございます。

清々しい朝の空気に包まれて、新しい一日が始まりました。

IMG_20190815_081740

本日の目的地はミューレン、グリンデルワルトから一時間と少し、電車とロープウエイを乗り継いで移動します。

IMG_20190815_084038

氷河を抱いたユングフラウ山群が出迎えてくれました。

IMG_20190815_094523

ミューレン駅ではシュヴァルツメンヒが迎えてくれました。

IMG_20190815_100133

静かなミューレンの町の一角を散策しながらケーブルカー乗り場まで、そしてアルメントフーベルまで上ります。フラワーガーデンでトリカブトやキツネノテブクロ、オキナグサ、ウサギギクなどの花の予習をして、さあハイキングを始めましょう。

IMG_20190815_102901

雄大な山々に向かって、静かでのどかな小道を進みます。

IMG_20190815_103756

IMG_20190815_104807IMG_20190815_105954

IMG_20190815_110847

コゴメグサ

IMG_20190815_162913

川のせせらぎを聞きながらしばらく下りますと、そこはミューレンの町です。

IMG_20190815_113856 IMG_20190815_114041

IMG_20190815_114515

ここからシルトホルンまではロープウエイで。おひさまも最後までわたしたちを照らしてくれました。頂上シルトホルン・ピッツグロリアでも360度の展望がお楽しみ頂けたのではと確信しています。

記 いしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ハネムーンスペシャル!ミューレン☆ビルク~グラウゼーリ

グリュッセ!グリンデルワルトより、トモがお届けします。

本日はミューレンのハネムーナーとフルデイガイドでお届けします。シルトホルン展望台と、途中駅ビルクからグラウゼーリのハイキングです。
DSC00851

ロープウェイを2つ乗り継いでシルトホルン展望台へと向かいます。

DSC00853

民族衣装を着たパフォーマーが歌声でお出迎え!

DSC00854

DSC00855

雲が多いものの、360℃展望が楽しめます!

DSC00857

今日もモンブランが見えました。

DSC00859

DSC00861

ボンドごっこは欠かせません。

DSC00862

今度はアルプホルンの演奏が聞けました。

DSC00866

ランチは中間駅ボルトにて。

DSC00867

DSC00868

DSC00869

スリルウォークにも挑戦。

DSC00875

DSC00877

DSC00879

DSC00880

DSC00886

さてここからがハイキングです!目線と同じ高さで広がる山塊を見ながら往復2時間のハイキング!

DSC00889

DSC00892

DSC00894

DSC00897

リンドウも咲いていました。鮮やかです。

DSC00900

DSC00902

今日は風が強く、湖面が波立っているため、湖に山塊はうつりません。残念。

DSC00903

DSC00904

ミューレンの村からパラグライダーのタンデムフライトが見れました。気持ち良さそうです。

DSC00907

ラウターブルンネンで乗り換えの時にシュタウプバッハの滝を見に来ました。乗り換え時間の少しの間、ちょっとだけ見ました。

DSC00909

フルデイ観光とハイキングお疲れ様でした。

それではこのへんで!

トモ

カテゴリー: グリンデルワルト | コメントをどうぞ