グリンデルワルト☆雨の日は滝巡り

IMG_3243_R

天気 : 雨 時々 晴れ

最高気温: 6℃

最低気温: 3℃

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから河野です。

本日は、雨降りのお天気でしたので、お客様とラウターブルンネンまで、滝巡りに行って参りました。

IMG_3281_R

ライターブルンネン駅からも見えたシュタウプバッハの滝、近くまで行ってみました。

IMG_3229_R

坂道を上って、更に近くまで。

IMG_3235_R

本日は終日雨でしたが、時折、晴れ間もありました。

IMG_3239_R

さて、滝から少し離れて、お客様が何かをパチリしておりましたが、

IMG_3245_R

教会の背後に滝という、素敵な場所でした。

IMG_3249_R

更にフォトジェニックな場所を求めて進んで行き、

IMG_3246_R

ここは、パチリしたくなります。

IMG_3247_R

シュタウプバッハの滝から場面一転、お次はトリュンメルバッハの滝です。

IMG_3250_R

この滝は、その姿をほとんど岩壁の中に隠していますが、先ずは斜行エレベーターに乗って、第6滝まで上がります。

IMG_3251_R

エレベーターを降りると、いきなり大迫力の滝。

IMG_3257_R

岩壁の中を進んで行き、

IMG_3259_R

10層の滝の大迫力に圧倒されました。

IMG_3262_R

滝は見え隠れしながら、

IMG_3266_R

轟音も猛烈です(写真では伝わりませんが)。

IMG_3265_R

毎秒2万リットルの、凄まじい量の水が硬い岩を削りとり、岩窟を造り出しました。

IMG_3267_R

ちょっと一息。

IMG_3268_R

一番上の第10滝から、見学ポイントで滝を見ながら下りてきて、

IMG_3271_R

ぐるりぐるりとねじれ落ちてくる、ウォータースライダーの様な滝もあり、

IMG_3275_R

最後、一番下の滝が、川となって流れて行きました。

IMG_3278_R

雨の日は水量増加で、滝見学もお薦めです。

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット☆ シュバルツゼー

DSC04778

天気:晴れ

最高気温:17度

最低気温:4度

 

みなさんこんにちは。

今日は素晴らしい快晴!

 

まずはシュバルツゼーに上がり、景色を堪能してきました。

シュバルツゼーも今週末には夏営業が終わりになります。

 

DSC04786  DSC04789

 

今日は雲一つない天気でしたので、マッターホルンはもちろんのこと、ドムやモンテローザ等、360度綺麗に見えていました。

 

DSC04794

シュバルツゼーのベンチでのんびり。

スイスは山岳交通機関が発達しているのでお子様連れでも、簡単に山の上まで来られます。といっても小さなお子様には標高の高いところは身体に悪影響がある場合もありますので、場所によっては行くことができませんし、親がしっかり子供をみていないといけません。

 

DSC04798

 

大きい山に囲まれておおはしゃぎのFくん。

覚えててくれるといいですね!

 

フーリからツェルマットまで少しお散歩をしました。

途中ブラッテンで大好きな滑り台を発見!

 

DSC04813

 

せっかくなので、お父さん、お母さんも!

DSC04814  DSC04812

 

 

さらにお母さんはハイジのようにブランコまで!

DSC04816

 

 

林の中ではリスにも出会いました。

DSC04818

 

結構近くまで来てくれました!冬眠前のエサ探しでしょうか。

 

DSC04821

 

ツェルマット手前では牛さんにも遭遇。

 

明日のツェルマットはぐっと冷え込む予想です。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

スロヴェニア&クロアチアハイキング 世界遺産プリトヴィツェ

本日は世界遺産その2、プリトヴィツェ国立公園を歩いてきました。

ドゥブロブニクと並びクロアチアで知名度の高い観光地。その湖水群の美しさゆえに人気の国立公園です。

IMG_1525

まずは園内を運行するシャトルバスで出発

IMG_1530

まずは高台から湖水を見下ろします。湖を縫うように整備された遊歩道を歩いて廻ります。

IMG_1541

園内最大落差78mを誇る滝をバックに集合写真。今日のガイドはマヤさんです

IMG_1557

プリトヴィツェには1000種類もの植物が生育しており、自然豊かな場所。そしてこの時期は紅葉が始まり、よりカラフルな風景を楽しめます。

IMG_1558

大滝の前でポーズを取るお客様。キマってます。

IMG_1577

その後も翡翠色の湖沿いを歩きながら進みます

IMG_1607

湖を離れると黄色やオレンジの葉が頭上に広がります

IMG_1621

途中、渡し船のようにボートを利用します。

IMG_1637

時折小さな滝を見ながら遊歩道は続きます。多くの人が歩いているため、野生動物に会うことはありませんでしたが、ブラウンベアや山猫なども生息しています。

IMG_1663

そして澄んだ水の中にはマスや鯉などが気持ちよさそうに泳ぎ、魚の楽園のようでした。

IMG_1670

振り返って頂き、パチリ

IMG_1701 IMG_1710

最後は再びボートに乗ってゴール。

1日ゆっくりとプリトヴィツェの風景をお楽しみいただきました。

IMG_1715

本日の夕食はマスのグリル。もちろんプリトヴィツェで捕ったものではありませんよ。

IMG_1719

明日はクルカ国立公園を歩き、世界遺産その3、スプリットへ向かいます。

 

神﨑 裕一

 

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

スロヴェニア&クロアチアハイキング 世界遺産シュコツィヤン鍾乳洞

本日は世界遺産その1、シュコツィヤン鍾乳洞へ行ってきました。

カルストが広がるスロヴェニアには多くの鍾乳洞が点在しています。

IMG_1465

海の底だった場所がアルプスとなり、浸食されて鍾乳洞が形成される、大自然の力を感じます。

IMG_1466

鍾乳洞に入る前に展望台の観光へ。カルスト台地の風景が目の前に広がります。

IMG_1467

遥か下には鍾乳洞を形成したレカ川の流れが見えます。

IMG_1472

その後、鍾乳洞調査の歴史を展示した場所を見学。完全な闇の鍾乳洞にボートで入り、調査をする、その恐怖を超えた好奇心には驚かされます。

IMG_1477

10時の回で鍾乳洞の観光へスタート。

IMG_1479

私たち日本人のために1人のガイドさんが付いてくれて、いよいよ中へ!

IMG_1485

あ、出口が見えてきました!

鍾乳洞の写真がないぞ!とツッコんだ方、ありがとうございます(笑

実は鍾乳洞内は撮影禁止。出口付近のみ撮影OKなのです。中の様子は、、、想像を超える規模。大迫力の風景が広がり、初めてここに入ってきた人たちには改めて敬服します。よくぞここに入れるようにしてくれた、という感謝です。

是非一度歩いてみてください。

IMG_1490

出口付近の写真で雰囲気だけお伝えします。

IMG_1492

出口でガイドさんと一緒に集合写真

IMG_1502 IMG_1515

その後、スロヴェニアを後にしてクロアチアへ。次の世界遺産プリトヴィツェを目指します。

IMG_1523

しばらくアドリア海沿いを南へドライブ。透き通った穏やかな海では、まだ海水浴を楽しむ人たちがいました。

IMG_1521

 

その後、内陸へ入り内戦の跡が残る村を抜け、プリトヴィツェに到着。

明日は世界遺産その2、プリトヴィツェを観光です。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

ツェルマット☆サマースキー

DSC04749

天気:晴れ

最高気温:15度

最低気温:1度

 

みなさんこんにちは

今日は特別リクエスト!スキーに行ってきました。

 

ショップでスキーをレンタルして、

DSC04746 DSC04747

 

 

ゴンドラに乗り込んで、、、

DSC04748

スキー場へ!

DSC04753

 

マッターホルンも南壁側がよく見えるので、いつも見ている形と変わりますね。

 

ここはTバーリフトしかありません。

DSC04755

1回は失敗したものの、、、

DSC04756

コツさえ掴んでしまえば楽勝です

 

この時期はモーグルの選手たちがトレーニングをしています。

DSC04758

 

よくよく見てみると、コースのすぐ横には氷河、クレバスがぱっくり口を開けています

DSC04759

DSC04760

 

 

この冬はオリンピックのあるシーズンですし、シーズンインに向けて各国の選手たちも気合が入っています。

スキー選手と並んで滑ることができるのも夏のスキーならではかもしれませんね。

 

夏のスキー場はお昼までしか営業していないので、ガッツリ滑る方には物足りないかもしれませんが、夏シーズンに、マッターホルンを見ながらのスキーはなかなか体験できません。

こういったアクティビティもあるんですよ!

 

そしてマッターホルンはもちろん、、、モンブランや、ユングフラウなどの山々もこのスキーエリアから見ることができるのです!

DSC04771 DSC04772

 

久田めり

 

 

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆ミューレン堪能の一日

IMG_3198_R

天気 : 晴れ

最高気温:14℃

最低気温: 4℃

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから河野です。

本日は、新婚のお客様と、グリンデルワルトの街を後にして、ミューレン行きの列車の特等席をゲット。

IMG_3162_R

絶景を見ながらの、小旅行です。

IMG_3164_R

人口450人程の、素朴なたたずまいのミューレンに到着。

IMG_3167_R

シルトホルン行きのロープウェイに乗車し、途中駅のビルクで乗り換え。

IMG_3169_R

ここには、「スリル・ウォーク」というアトラクショもあります。

IMG_3170_R

ここビルクから、更にロープウェイで、標高2970mのシルトホルンを目指します。

IMG_3172_R

回転レストランの「ピッツ・グロリア」もはっきりと見えてきました。

IMG_3173_R

そして、360度のパノラマが評判のシルトホルンに到着。

IMG_3175_R

シルトホルンは、映画「女王陛下の007」に登場して一躍有名になった場所、勿論、「ボンド・ワールド」も体験し、

IMG_3177_R

IMG_3178_R

勿論、回転レストランの「ピッツ・グロリア」でランチです。

IMG_3185_R

約50分で一回転するこのレストラン、ユングフラウ三山は勿論、

IMG_3179_R

トゥーン湖や、その先にあるベルン、

IMG_3181_R

更に本日は、遠くモンブランまで見ることが出来ました。

IMG_3182_R

そんな絶景を、サーモン付きロシティーを頂きながら堪能です。

IMG_3183_R

シルトホルンでの観光を終え、所変わってアルメントフーベルケーブルカー乗り場。

IMG_3186_R

お二人、決まってます!

IMG_3189_R

アルメントフーベルに移動、さらに決まってます!

IMG_3193_R

秋のミューレン、冬を間近に、スキーシーズンの準備も進んでいる様です。

IMG_3191_R

さて、ユングフラウ三山をバックに、ハイキングの方をスタート、

IMG_3195_R

いきなり、なぜか牛さんに迫られる場面もありましたが、

IMG_3196_R

のんびりと、気持ちの良いハイキングでした。

IMG_3199_R

IMG_3200_R

IMG_3201_R

ミューレンの街を眼下に、シルトホルン行きのロープウェイが行き来する中、

IMG_3202_R

お二人は快調に進んで行きます。

IMG_3203_R

このコースは「ノースフェイス・トレイル」と呼ばれる、山々の北壁を眺めながらのコースですが、途中には、その山々の説明書きが設置されております(日本語付き)。

IMG_3204_R

20分程の上りが終わると、開けた草原に出て、ユングフラウ三山をバックにパチリ。

IMG_3205_R

更に、グレッチャーホルン、エーベニフルー、ミッタークホルン、グロースホルン、ブライトホルンといった山々をバックに。

IMG_3206_R

ハイキング後半は、そんな山々に向かって歩いて行きます。

IMG_3208_R

お花の方は少なくなりましたが、コース横には、黄色のスミレや、

IMG_3192_R

バターボールもまだ咲いておりました。

IMG_3212_R

そんな山々とお花を見ながら、スイスらしい景色を背景に進むお二人。

IMG_3214_R

途中、牛さんに道を譲る場面もありましたが、

IMG_3223_R

秋の進むミューレンの街に無事到着。

IMG_3220_R

帰りの列車も、勿論、特等席を確保。

IMG_3224_R

グリンデルワルトに戻ると、夕焼けに映えるアイガーを見ることも出来ました。

IMG_3225_R

またスイスに来たいと仰って下さったお二人、お待ちしております!

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

スロヴェニア&クロアチアハイキング ブレッド、リュブリャナ観光

本日は朝から雨が降るあいにくの空模様の中、まずはブレッド郊外のヴィントガル渓谷へ。

IMG_1351

美しくも力強い川の流れが形成した渓谷美の中を散策します。時折滝が現れたり、流れが穏やかな場所ではマスの姿も見えました。

IMG_1363

夏なら泳いでみたい美しい流れです。

IMG_1368

滝をバックに本日の集合写真

IMG_1381

続いてはブレッド湖を見下ろす高台に建つブレッド城へ。

IMG_1384

ブレッド湖とブレッド島をバックに本日の集合写真その2

IMG_1393

曇り空の為くっきりとは見えませんでしたが、かえって幻想的に見えなくもありません。そのほか博物館や印刷所などの見学をしてきました。

IMG_1400

本日のランチはブレッドにて。私はマスとほうれん草のパスタをチョイス。パスタは柔らかめでしたが、味はなかなかでした。

IMG_1408

そしてブレッド湖の名物クリームケーキ。お客様とシェアして頂いてきました。

IMG_1410

午後は手漕ぎボートに乗ってブレッド島へ。

IMG_1411

穏やかな湖面には教会が映っています。

IMG_1420

教会内で願いのベルを鳴らすご夫妻。

IMG_1427

ブレッドの観光後は車で約1時間。首都のリュブリャナに到着です。首都とはいっても人口約30万人ほどの町です。

IMG_1433

旧市街を散策しながらの観光。600年もの間ハプスブルグの支配下にあったこの町は、どことなくオーストリアの雰囲気を残す街並みです。

IMG_1439

18Cに建てられた大聖堂。華やかなバロック様式です。

IMG_1454

 

ちょっとお店を覗いてみると、名産のハチミツにトリュフを混ぜたものや、

IMG_1446

塩チョコなどスロヴェニア土産が並んでいました。

IMG_1447

 

明日は世界遺産のシュコツィヤン鍾乳洞を見学後、クロアチアに向かいます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

スロヴェニア&クロアチアハイキング トリグラフ仰望ハイキング

ホテルからは雲が多く見えていたものの、ヴラタ谷に移動すると青空が広がって来ました。

IMG_1080

ハイキングのスタート地点、アルジャジェフ小屋からはスロヴェニア最高峰トリグラフ(2864m)が見えています。

IMG_1097

谷の反対側にも2500m前後の山々が連なります。青空に石灰岩質の岩山が映えます

IMG_1112

ひんやりとした空気のなか、トリグラフの北壁を見上げながら谷の奥へと進みます。

IMG_1131

林の木々は空の色に染まり、見上げるとカラフルな色に覆われていました。

IMG_1156

日が射してくると更に色合いが鮮やかになり、秋の色のトンネルを進むようになります。

IMG_1181

色のコントラストが素晴らしいです。

IMG_1196

森林限界を越えると、山々が間近になります。こちらはステナー山やポガシュニコフ小屋へと向かう登り。周囲は綺麗に黄葉していますが、他にハイカーがほぼいない静けさの中景色を楽しむことができました。涸沢の混雑とは大違いです(笑

IMG_1218

小休止の間もトリグラフの北壁がバッチリ見えています。スロヴェニアのザ・ウォール。この国で壁といえば、トリグラフの北壁のことを指します。

IMG_4299

避難小屋の前での集合写真。

IMG_1241

昨年も一緒に歩いたガイドのアレシュとともに、トリグラフをバックに集合写真。

IMG_1260

上からはヴラタ谷の黄葉や

IMG_1267

山麓の紅葉など秋ならではの澄んだ空気の中での絶景を楽しみました。

IMG_1268

ハイキング後、ホテルへ戻る途中に滝に立ち寄り。

IMG_1287

落差が約50mとナイアガラの滝と同じくらいの規模を誇ります。マイナスイオンたっぷり浴びて滝見学。

IMG_1291

ただ、ここの見どころは滝の裏側を歩くトレイル。

IMG_1305

こんな感じで滝の裏側から黄葉を楽しめます。

IMG_1311

岩からしたたる滴がカーテンのようです。おまけの30分ほどのハイキングとなりましたが、素晴らしい眺めを見ることが出来ました。

IMG_1314

夕方にはホテルと同じ名前のSpikをはじめとする山々がホテルから見えました。

IMG_1324

 

明日はブレッド湖周辺の観光を経てリュブリャナへ向かいます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

グリンデルワルト☆メンリッヘンからクライネシャイデック

IMG_3131_R

天気 : 雨 時々 くもり

最高気温:13℃

最低気温: 8℃

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから河野です。

本日は、新婚のお客様と、先ずは、グリンデルワルト駅に集合し、

IMG_3133_R

写真好きのお二人、駅に滑り込んできた列車をパチパチ。

IMG_3136_R

グルントまで下りてきて、曇りがちなアイガーをバックにパチリ。

IMG_3138_R

メンリッヘンに到着後、ピョンピョン跳びはねるお二人。

IMG_3141_R

本日は、残念ながら、生憎のお天気でした。

IMG_3143_R

少し雨が降る中、早速ハイキングの方をスタート。

IMG_3144_R

コース横に、雨露に濡れるホタルブクロ。

IMG_3145_R

紫の中にオレンジ色という、なかなか自然界では珍しい配色のウンランソウも咲いておりました。

IMG_3146_R

コース中程のあたりで、ちょっと休憩。

IMG_3148_R

この辺りは、ユングフラウ三山が見えてくる所ですが、本日は雲の中でした。

IMG_3149_R

クライネシャイデックに到着後、スイスでの初ロシティーとなるランチ(初リベラも)。

IMG_3150_R

雨も上がり、少し明るくなってきた様です。

IMG_3151_R

アイガー氷河は、相変わらずの大迫力。

IMG_3152_R

お二人はランチの後、アイガーグレッチャーまで列車で上がり、そこからクライネシャイデックに下りて来るハイキングに向かわれました。

IMG_3153_R

いってらっしゃ~い。

IMG_3154_R

さて、グリンデルワルトに戻ってみると、なんだか賑やか。

IMG_3158_R

マーケットが開かれ、色々な出店があり、沢山の人で賑わっておりました。

IMG_3156_R

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット☆クラインマッターホルン

DSC04717

 

天気:曇りときどき雨

最高気温:11度

最低気温:6度

 

みなさんこんにちは。今日は雲の多いお天気。ブライトホルンもこのとおり。

 

モンテローザもこのとおり↓

DSC04718

 

DSC04719

 

マッター谷は見渡せます。

 

そんなお天気ですが、ヨーロッパ一標高の高い展望台へ行ってきました!

展望台は、、、

DSC04721

 

まっしろ!!

何も見えませんね。 キリストも寒そうです。

 

お次は天気が悪くても楽しめる氷の宮殿へ。

DSC04729

DSC04728

このように氷の彫刻が展示されています。

DSC04727

 

新しい何かを作成中?! 氷河の青色が綺麗です。

 

DSC04725

 

氷の宮殿のクイーン。 衣装も置いてありました

 

ところ変わって、今回のご旅行で念願のチーズフォンデュ

DSC04736

 

DSC04738

 

デザートは、店員さんの強いお勧めのアップルシュトゥルーデル。お腹いっぱいだったのでみんなで1つを分けました。 ホームメイドシナモンアイスが、シナモンの香りが強くて美味しかったです!

 

フーリからツェルマットまで歩いておりましたが、ここはフィットネストレイルとも呼ばれるところ。

ところどころにアスレチック?があり、指定されたコースを走ると2.7キロですが、フィットネスを含めると3.9キロ走った相当の運動量になるとか。

DSC04739

 

その中のひとつ、鉄棒でぶらさがったり、懸垂したり。

 

DSC04740

 

仔シュバルツナーゼがいました。ちみっこくて可愛いですね

 

DSC04744

牛は食事に夢中。

 

あっという間にツェルマットまで下りてきてしまいました

お天気はイマイチでしたが、でも楽しい美味しいハイキングになりました

 

久田めり

 

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ